カンブリア宮殿(TV東京系放送)で取り上げられた福井県鯖江市の世界的メガネメーカー、価格が4万円もするメガネ売上絶好調!

シャルダンのメガネイメージ

とにかくかけて軽くてフィットする! 

1万円を切るメガネのコマーシャルをよく見かけるようになりました。その裏でメガネの産業で有名な福井県鯖江市は中国の安いメガネに押され廃業を余儀なくされる部品工場も多いようです。鯖江市内にめがねミュージアムもありながら、そこに訪れる人も少なく、ごくまばらな様子。ところが、そんな中、国内はもとより世界に通用するメガネのメーカーがあります。2009年に登場したブランド名はラインアートシャルマン、それをプロデュースしている会社が、株式会社シャルマンです。


ラインアートのメガネを愛用しているので有名人は多く、(例えば王貞治氏)。今度、テレビに出演していたら、メガネに注目してみて下さい。きっとラインアートを身につけている有名人は多いはずです。

メガネは正面から見たフォルムばかりが売りではなく、むしろ横顔からみたテンプルの装飾にも視線を集めます。逆に少し注目してみると超激安メガネのそれはいたってシンプルです。

堀川 馨(ほりかわ・かおる)社長(1934年:福井市生まれ)は、毎日現場を回りながら声をかけています。
中国が世界の工場になるという脅威に以前より問題意識をもち、高くても売れる技術的付加価値創造にいつも余念がありません。

世界に通用するという企業の背景には、スタートは飾り鋲を作る中小の工場から発展し、13年もかけてメガネを自社生産するに至ります。当時、200から250の工程を一つの会社が単独で受け持ち、メガネを生産することは並大抵のことではありませんでした。

社員や役員が反対する中、メタルフレームに色を付ける技術をドイツまで足を運ぶ社長。ドイツ企業が1億なら売ろうと条件を出されてしまいます。それなら社長は「自分が出す」と、その塗装技術を会社に持ち帰ったのです。そして、カラーのメタルフレームは大ヒットします。

現在では、2万回を超える耐久性が保証されるための機械がありますが、昔は、手で2万回を数えていたとか。辛いのはその手作業でカウントしていると数が分からなくなると社員は回顧します。

ラインアートブランドもその流れを組みます。チタンとレーザー技術を独自に開発したことで2万回広げたりとじたりしてもフィット感が変わらない耐久性を保証しています。

特徴のエクセレンスチタンと普通のチタンがどう違うのでしょう?
この技術に5年、8年開発に期間が掛かったのです。もうやめろとストップが掛かりそうになりながら、あと半年下さいと嘆願した社員を許し、花開いたのがエクセレンスチタンでした。チタンの弾力性を出す技術がメガネのかけ心地と軽さに直結するのです。

さらに、レーザー技術により、部品と部品との溶接する部分が点でつながらないと折角の材質の良さを発揮できない点がどのようにメガネに与えるのか分かりやすい解説がされます。

価格がおよそ4万もするメガネが売れることについて、都内の百貨店売り場担当者が連続売上1位を続けるシャルマンのメガネは驚異的だと評価しています。

フランスやイタリアの商品は高くてもブランド戦略により売れています。このシャルマンのメガネも高くても売れるのです。
軽くて丈夫なチタンの技術を活かして世界へ医療器具業界に進出し、会社の地域の工場を巻き込んだ製品づくりにも取り組んでいます。

一度は無理だと言われた独自生産から、地域復興にもつながるチャレンジ精神には目を見張るものがあります。鯖江市内の工場は、どこの工場でも20分以内にあるという強みを活かし、相互利益を産み出すシャルマンのメガネ。このメガネをいつか手に入れたくなります。

カンブリア宮殿11月7日分公式情報ページ