JMBローソンPontaカードVisaは100円利用で2ポイント/コンビニ系カード史上最高の還元率?

JMBPontaカードVISAのイメージ

http://www.saisoncard.co.jp/lawson/united2.htmlより

JMBPontaカードVISAと、Tポイントカード+クレカとの比較レビュー

今回特集するJMBPontaカードVISA、マイルとの交換が可能です。JAL+Mileage+Bankの頭文字3文字をとり、JMBという冠が付けられているんだそうです。

マイルといえばおサイフケータイ機能が登場以前から利用者も多いポイントサービスです。ローソンで貯めたポイントをマイルに交換したり、その逆ができたら利用者層を拡大できると見込んでいるようですね。

ローソンの代表するポンタカードですが、ゲームやレンタルDVDショップのGEOの会員証としての機能もかねています。

あれ、どこかで似たシステムってというとT-ポイントカードがメジャーになりすぎて広範囲に及ぶため、ポンタカードはその切り崩しに必死かもしれません。

PontaカードがTポイントカードに追い付け追い越せをかける術

レンタルDVDやCDでありながら書店という名前の付いたチェーン展開をするツタヤ。その会員証Tカードは、言わずもがな超有名なポイントカードです。

書店の名前のつくように本屋のポイントカードとして採用されたり、コンビニエンスストアではファミリーマートが、ファミリーレストランではガストなどが、Tカード提携のガソリンスタンドなど利用ができる場面が実に多く、ポイントをためる嬉しさも際立っています。

なお、ポイントカード単体でなくクレジットカード機能をつけるとツタヤのレンタルDVDなどに使う際の更新費用が無料となります。ファミリーマートで気軽にもらえるファミマTカードにはクレジットカード機能をつけずともポイントはたまります。会員登録は必要ですが、ファミリーマート店内の商品を安く特別に購入する特典もついています。

商品をほぼ無料で引き換えられる美味しいPontaカードのポイントとは

ポンタカードはTポイントカードほど提携した店舗範囲に及ばないために弱点もあります。それでもどうでしょうか?ローソンのヘビーユーザーであればポイントはすぐに20、30、40、60ポイントなど簡単に貯まります。

極端な表現をすれば数十円分のポイントで例えば100円相当のアイテムと交換できる他、お値打ち度の高いポイントカードシステムになっています。

そうして貯めたポイントはロッピー端末で引換券を発行することより、ローソン店内の特定アイテムと交換も可能です。

JMBローソンPontaカードVisaとTカードプラス/ツタヤWカードとの共通点と注意点

さて、Pontaカードにクレジットカード機能をつけたとして、発行数でTポイントカード単体にはかなわないかもしれません。

としても、Tポイントカードのクレジットカード版の人気には、追い付けるのか、いやそうでないのかを比較してレビューしてみたいと思います。

共通点

  • 両社のクレジットカード利用について共に入会金や年会費は無料です。
  • ポイントカード単体としての利用ができます。クレジットカードの決済を必ずしも要求されません。
  • すなわち、ポイントカードとして利用することと電子マネー払い(プリペイド型クレジットカードも含みます)とポイントの二重取りが期待できます。
  • クレジットカード会社との共同提携カードであり、ネットへの情報登録により利用履歴などの利用後の詳細確認ができます。

相違点

冒頭のJMBローソンPontaカードVisaでは従来での高還元率のレベル水準100円1ポイントを超えた

100円2ポイントの高還元率

を誇ります。業界で最大とうたう根拠はここにあります。

しかし、ローソンの関連のコンビニエンスストアでの利用が大前提です。

提携店において「100円1ポイント」、提携店以外での利用は一般的な「200円1ポイント」での利用に対しポイント還元されます。

JMBローソンPontaカードVisaは、コンビニがセゾンカードとの提携しているカードです。それに対して、Tカードプラス/TUTAYA WカードはCCCというTUTAYAのCDやDVDレンタルがアプラスカードと提携しています。

単なるPontaカードからJMBローソンPontaカードVisaへ移行した後、

CDやDVDレンタルをしようとする際にGEOの会員登録を引き継ぎいでいるという確証は、筆者の調査不足のために確認は現段階では取れておりません。(継続的に利用できているとの利用者の声はあるようです。)

ローソン系の買い物がメインで、提携先の店舗もちょこちょこ利用するというニーズにはぴったりでしょう。

既存のセゾンカードとは似て異なるクレジットカード

00円で5ポイント相当の従来のセゾンカード

http://www.saisoncard.co.jp/point/index.html より 200円で5ポイント相当、これだけでもスゴイことなんですね。

よく見られるポイントカードについて回る有効期限が切れてゼロポイントになって後の祭りという方多くいらっしゃいませんか?

使わない人の分のポイントを実は店舗側は利用しているようです。こうすることにより、自らの経費を削ることなくポイントサービスで顧客を喜ばせ、来店客数を伸ばす魔法のカードの力。

穿った見方をすれば、有効期限が切れてポイントを失効してしまった顧客の分はまるまる、ポイントを利用して少しでも得をしたい顧客にたらい回しにしているだけとも言えるでしょう。

クレジットカードのセゾンカードがポイントの永久不滅宣言をしたイメージ

セゾンカードがポイントの永久不滅宣言をしたのは強烈な影響を周囲に与えていることでしょう。

ところが、セゾンカードは今までにない永久不滅ポイント宣言をしてしまいました。

MUJIカードもセゾンカードの仲間、Pontaカードのクレジットカード版とは種類が違うため永久不滅ポイントがたまる

MUJIカードもセゾンカードの仲間、JMBローソンPontaカードVisaとは種類が違うため永久不滅ポイントがたまるので併用したいですね。

従来のセゾンカード、例えばMUJIカードなどセゾンカードと提携しているカードも含めて、JMBローソンPontaカードVisaと二枚の使い分けをしたほうがお得な買い物ができるはずです。

店員さんに言えばポイントカード単体として利用も可能!

いざというときのクレジットカード機能、海外旅行の際のキャッシングやボーナス一括払いなど非常手段としてクレジットカードを持ち、普段は手堅く、現金だけを使う消費者も想定しているようです。

前述のとおりポイントカード機能だけを使い、現金や電子マネー払いなどのポイント二重取りは可能ですので、普段はレンタルのGEOの会員証だけとしておき、特別にクレジットカード機能を利用するシーンに限定することが可能になります。

ただし、コンビニエンスストアでそのままJMBローソンPontaカードVisaを出してしまいますと、店員は当然の前提としてクレジットカード払いを選択して決済してしまう可能性は高いはずです。

あくまでポイントを貯めるだけという意味で「クレジットカード機能は使いません!」と宣言して、現金とポイントとの併用や、ローソン名物ポイントをx点ためて、まるごと新商品などをテスト購入できるなど特典を活かす利便性を兼ね備えたクレジットカードと言えます。

 

参考リンクなど

JMBPontaカードについて公式サイト

ユナイテッド・シネマとのタイアップキャンペーン、Pontaカードのクレジットカード入会により映画のギフト券二千円贈呈イメージ

http://www.saisoncard.co.jp/lawson/united2.html より 他の入会キャンペーンとの重複はできません。その辺りは会社の事情をお察しのほどを。

JMBPontaカードと地方によりますが、ユナイテッド・シネマがタイアップし、系列の映画館ギフト券2,000円がもらえるキャンペーンサイトを見つけました。

残念ながら、TOHOシネマズやマイカルなど他の系列ではご利用になれませんが、ユナイテッド・シネマを利用してキャッシュバックのような特典を使いたい人は検討の余地があります。