UCCカフェラテ缶2本パックにコールマンとのコラボグッズ全5種類登場!

375g缶というボリュームが嬉しいですね。ショート缶だとすぐに飲み切りで持ち歩けないがキャップがついてタップリ飲める。

375g缶というボリュームが嬉しいですね。ショート缶だとすぐに飲み切らないといけない、持ち歩けないですし。キャップがついているからタップリ飲めます!

UCC BEANS & ROASTERS CAFFE LATTE リキャップ缶375gの2本パックが熱い!

アウトドアグッズで有名なコールマングッズが付いてくる

88ちゃんねるでは「マニアック大好き!」「ガジェット大好き!」「新製品の人柱大歓迎!」そのようなテイストを取り入れながら特集を組んでいます。そんな88ちゃんねるが気になったのが朝からコンビニで何気なく買うモーニング用のカフェオレです。

コンビニの冷蔵庫の中を覗いていると、目の前に飛びついてきたのが以下のキャンペーンでした。

UCC

”大人気カフェラテ2本に1個、アウトドアブランド『コールマン』とのコラボグッズがついてくる!”

コールマンブランドの実用品。日常シーンにマッチするオシャレな実用品グッズが無料でセットとくれば、もう買わずには要られません。(*1)コールマンのグッズを使っているとは「なかなかの通」など周囲の人から注目を集めそうですね。

UCCのカフェラテ375g缶2本でコールマンのアウトドアグッズが1種類もらえ全部で5種類を用意。

http://www.ucc.jp/cpn/beans/colemanoutdoor/よりアウトドアで有名なコールマンのキャンプ用品ファンにはたまらない!

88ちゃんねるではこのキャンペーンをぜひお知らせしたいと思います。

(UCCといえば国民的な世界規模?!で熱い支持を集めるアニメ”エヴァンゲリオン”でもシーンに頻繁に登場する缶コーヒーとしても有名です。)

キャンプ用品といえばコールマン!そんなブランドとのアウトドアグッズがUCCとコラボした!

2015年6月30日から全国各地のコンビニにて展開。売り切れゴメン。種類は全5種類あります!

■ネックストラップ:ポリエステル、亜鉛合金、POM ■カラビナ型ホルダー:アルミニウム、ポリエステル、鉄 ■キーリール:ABS、鉄、ナイロン、亜鉛合金 ■ボトル缶ホルダー:シリコン、ポリエステル、鉄 ■ミニタオル:ポリエステル、ナイロン

http://www.ucc.jp/cpn/beans/colemanoutdoor/ より

 

 

  1. ネックストラップ:ポリエステル、亜鉛合金、POM
  2. カラビナ型ホルダー:アルミニウム、ポリエステル、鉄
  3. キーリール:ABS、鉄、ナイロン、亜鉛合金
  4. ボトル缶ホルダー:シリコン、ポリエステル、鉄
  5. ミニタオル:ポリエステル、ナイロン

コールマンだけあって玩具ではなく実用品として使えるのが◎です。

コールマンとの全5種類のコラボのうちNo.1のネックストラップのイメージ画像

1のネックストラップをGetしました!

コラボグッズの5種類を全てコンプリートしたい人や、どのオマケを選ぶか悩む人もいそうですね。どちらもみんな楽しいですよ。ただし、キャンペーンは売り切れをもち終了しますので、早めに手に入れておきましょう。土日祝を除き、キャンペーン商品の直通番号は0800-919-4040 平日の午前10:00から午後17:00までです。

肝心なカフェオレですが、

原料・製法にこだわり抜いた、大人の味わいカフェラテ。UCCから375gキャップ缶

http://www.ucc.jp/product/drink/coffee/other/other-3870.html より

サントリーの生クリーム入りボスカフェや、ジョージアの生クリーム入りのカフェオレよりも少しサラサラした飲み口。

ちゃんと牛乳を使っている証明「公正」マークの表示イメージ画像

ちゃんと牛乳を使っている証明「公正」マークがちゃんと入っているのです。

牛乳をきちんと使っているカフェオレらしく「公正」マークのついた本格的な乳飲料(*2)に仕上がっています。

500mlが発売されたら必ず売れるんじゃないかというほどの「いい味」を出してます。個人的な感想ですが缶コーヒーの375gキャップ缶では3本の指に入るレベルではないでしょううか?

参考リンクなど

(*1)キャンプ用品で有名なコールマンのグッズがオマケでもらえるなんて、嬉しいんだけれどせめて1缶からもらえるのならと感じていたの最初のうちだけでした。コンビニに通う度に2本くらい買ったっていいじゃないかと気持ちが変わってきたのはなぜなんでしょう?筆者にとっては1日に2本も375gの缶コーヒーを買うのには少しだけ勇気が必要だったのです。1日1缶で済ませたいのは筆者だけでしょうか?

(*2)全国飲用牛乳公正取引協議会Webサイト