海外ゲーミングPCメーカーが「Steam Machines」のプロトタイプを公開

ibp_sm_1

海外ゲーミングPCメーカー、iBuyPowerが「Steam Machines」のプロトタイプを公開しています。

Steam Machinesとは、Valveが発表した新たなハードウェアシリーズで、Linuxベースの「Steam OS」を搭載したリビングルームでの使用を目的としたPC(?)です。様々なパートナーと提携し、多種多様な「Steam Machines」をリリースすることが予定されています。

今回、iBuyPowerが公開したのは「Gordon」と「Freeman」の2つで、HALF-LIFEの主人公、Gordon Freemanの名を冠したこのプロトタイプは、先日公開されていたプロトタイプのデザインとは異なり、白を基調としたデザインが特徴的です。

ibp_sm_2

ibp_sm_3

ibp_sm_4

この2モデルの違いはイルミネーション部がオフの時にクリアタイプかブラックタイプかで分かれているようです。マシンの詳細スペックについては語られなかったものの、1080p、60fpsでの動作が可能とのことです。

また、CES 2014では各パートナーが手がける「Steam Machines」の詳細が公開される予定です。そちらにも期待して待つことにしましょう。