iBuyPowerの「Steam Machines」試作機のスペックが判明。R9 270に500GBのHDD搭載

ibp_sm_4

先日ゲーミングPCメーカーiBuyPowerが公開した「Steam Machines」試作機である「Gordon」と「Freeman」ですが、これらの詳細なスペックが明らかになりました。

海外メディアThe VergeがiBuyPowerに問い合わせた所、「Gordon」と「Freeman」は499ドルの価格が設定され、AMD製のマルチコアCPUに、同じくAMDのRadeon R9 270を搭載。ストレージには500GBのHDDを採用し、Wi-Fi、Bluetoothを標準搭載しています。

また、両機のサイズはPlayStation 4より大きいものの、Xbox Oneよりは小さく、電源ユニットは筐体に統合され、ACアダプタは付属していないようです。

OSにはLinuxベースのSteam OSのみとなり、Windowsはインストールできない模様です。価格やサイズなどからゲーミングPCではなく、家庭用ゲーム機として見る方が正しいようですね。PS4やXbox Oneに対抗できる存在となりえるのか楽しみです。