PS4とXbox Oneの製造コストが判明、販売価格との差は?

PS4 vs Xbox One composite

盛大なローンチイベントで大盛り上がりだったPS4とXbox Oneですが、この2つのハードの製造コストが明らかになりました。

米国の調査会社IHS iSuppliによって調査されたもので、PS4もXbox Oneも1台あたりの利益は少ない事が判明しました。

PS4の製造コストは381ドルで、北米での販売価格399ドルとの差は18ドルとなっています。PS3発売時はコストと販売価格が逆転していた“逆ざや状態”だったことを考えると今回はまだ適切であると言えるでしょう。

一方、Xbox Oneはトータルコストが471ドルで、499ドルの販売価格との差は28ドルとなっています。コストのうち、AMD製プロセッサに110ドル、メモリが60ドル、同梱されている新型Kinectには75ドルのコストがかかっているようです。

両者とも1台あたりの収益は少ないものの、多くのシェアを獲得し、ゲームを販売することによる利益を見込んでいるため、製造コストが安くなればその分値下げを行う可能性は高いと思われます。

両機種とも発売日だけで100万台を売り上げたと発表されていますが、日本での発売を含む今後の動向にも注目ですね。