Hover : Revolt Of Gamers – パルクールで圧政に立ち向かうJSR風アクション

LINEで送る
[`evernote` not found]

2000年にセガから発売され、現在も海外をはじめ一部のゲーマーの間で人気のあるインラインスケートアクションゲーム”ジェットセットラジオ(JSR)”。そんなジェットセットラジオに強い影響を受けたであろうゲームが”Hover : Revolt Of Gamers”です。

ゲーム解放のために立ち向かうゲーマーたちの物語

ゲームの舞台となるHover CityはThe Great Admin率いるAnti-Video-Game Policeによってゲームが禁止された街。そんな彼らにゲーマーたちが立ち向かうというのが本作のストーリーです。自由のために立ち上がる的なストーリーはジェットセットラジオを思い出します。

縦横無尽に街を駆け抜ける

このゲームの特徴はフィールドを高速で駆け抜け、高くジャンプするなどの派手なアクションが特徴です。常時オンライン接続でフィールドにいる様々なプレイヤーとレースをしたり、バスケットボールに似たスポーツで競うミッションがあります。また、ミッションの中にはNPCの荷物を届ける、トリックを決め電力を送るといったユニークなミッションもあります。

性能の違うキャラクターを使い分けていく

プレイヤーはゲーム開始時に自分のチームを作ります。チームには最大5人までのキャラクターを作成できます。ですが、最初はバランス型のキャラクターが1種類のみ(一応男女が選べる)となっておりストーリーを進めていくことで新しいキャラクターを作成することができます。キャラクターによって足が速かったり、ボールを投げる距離が長いものなどがあり、ミッションによって使い分けていきます。

JSRのコンポーザーが手掛ける楽曲も収録

本作のBGMの中には、JSRの音楽を手掛けていた長沼 英樹氏による楽曲が2曲収録されています。

かつてJSRのサウンドに魅了された方にはたまらない楽曲となっていること間違いなしですね。

早期アクセス中で未完成のコンテンツも

このゲームは現在早期アクセス中で、ストーリーも途中までしか開発されていません。そのため物足りない部分も少なからずあることでしょう。ですが、既に正式リリースが今年5月31日に決定しており、新たなエリアとキャラクターが追加されることが判明しています。それまではほかのプレイヤーとミッションを楽しむのもいいかもしれません。

ジェットセットラジオの精神を受け継ぎ、スマートに仕上がった傑作

街を縦横無尽に駆け抜けるパルクールアクションは他のゲームにはない爽快感があります。もし、あなたがJSRの続編を求めていたのであれば、このゲームはお気に入りの一作となるかもしれません。JSRの精神を受け継ぎつつも、現代のビジュアルとゲームシステムで遊びやすくなっています。

ですが、ストーリーが未完成であるため、気になるユーザーは正式リリースまで待機した方が良いと思います。
Hover : Revolt Of GamersはSteamにて1,980円で配信中です。

LINEで送る
[`evernote` not found]