Nintendo Labo-つくる・あそぶ・わかる-

Nintendo Labo-つくる・あそぶ・わかる-

任天堂は本日(01/18)にNintendo Switch(以下スイッチ)の新たな展開を発表した。
内容はスイッチのコントローラーを「自分」で「ダンボール」を組み立て遊ぶという物。
その名も「Nintendo Labo」(以下ラボ)。
2018/04/20に発売予定を予定しています。

どんな製品なの?

ラボは、スイッチ用ソフトとダンボール製のキットがセットで販売される。
プレイヤーが自分の手で組み立て、
「Toy Con」と呼ばれるコントローラーを作成して遊ぶ新たなスタイルだ。

現時点で2種類のキットの販売が予定されている。
「VARIETY KIT」では、釣り竿やピアノに家、
バイクにリモコンカーなど生活感があるものが収録されている。
「ROBOT KIT」では、大きなバックパック、ゴーグルなどの身に着けて、
ロボットの万マシンインターフェイスとして遊ぶものが収録されている。

VARIETY KITは6980円+税、ROBOT KITは7980円+税となっている。
自分好みにデコレーションできる「デコるセット」も同時販売される。
マスキングテープとステンシルシール、シールがそれぞれ2種類セットになっており、980円+税となっている。
シールは、どこかのゲームで見たことあるような物も。

まだ発表されたばかりなので、
今後詳しい情報が徐々に解禁されていく予定です。

Touch and Try!

著者も発表を視て記事を書いている訳ですが、
正直な事を言うと今一つピンときていません。
耐久性に定評のある任天堂ですが、
ダンボールをコントローラーにしているので、
耐久力や操作性などは大丈夫なのかなど気になるポイントもあります。
値段も第一印象では、少し割高な気もしますし・・・
今までに無かった発想の遊びで興味はそそられますが。
そんな人に朗報です。
実際にラボが体験できるイベント「Nintendo Labo Camp」が、
02/17・18に東京の渋谷で、
02/24・25に大阪の梅田で開催決定です。
エントリーは公式サイトで始まっています。(https://www.nintendo.co.jp/labo/camp/index.html)

た・だ・し!!!

・本企画は小学生のお子様と保護者の方向けのペア限定イベントです。
・ご応募いただくには保護者の方の「ニンテンドーアカウント」、および「ツイッターアカウント」が必要です。
・イベントの様子は写真や動画に収め、任天堂の宣伝活動(TVCM、ウェブ媒体、店頭など)で利用させていただきます。
・当日は撮影カメラが入るため、帽子、マスクなどの着用をご遠慮いただく場合がございます。
・会場までの交通費は参加者負担となります。
(公式サイトより抜粋)

うん・・・
無理だ・・・
地方在住なので交通費が馬鹿にならないのもあるけど・・・
子どもどころか配偶者も!恋人も!
イwナwイwヨ!!!

まぁ確かに小学生の知育玩具的にも、
親子のコミュニケーション的にも良さそうですから初動としては正しいのかも。

著者も小学生の頃にミニ四駆や各種模型なんかを親と一緒に組み立てた思い出があります。
物を組み立てるって手先はモチロン、頭も結構使うし、
イロイロ試行錯誤したり、デコって個性を伸ばすのも醍醐味です。
何だかんだで普及しているスイッチだからこそ、
取っつきやすいし、人との違いも比較するのも面白いかも。

地味に微妙に欲しくなっている←著者

派手さは無いけど、実際に作って遊ぶと言うコンセプトが気になっています。
公開された動画を視た感じでは、
ハサミや接着剤も使わないし、
組み立て説明もスイッチで操作する感じなので低学年でも無理なく楽しめそうです。

子ども世代だけでなく親世代も一緒に巻き込んで、
一家に一台や兄弟一人一台と言った販売戦略も強かな経営戦略だと感じます。
ゲームファンによる初期需要と悪質転売屋が蔓延る流通がほぼ過去の出来事となり、
一般に適正価格で販売されるようになったからこその展開です。
今後、全国でも段階的に体験イベント展開されるでしょう。
ひとまずは、体験会の感想や公式情報などを楽しみにしたいと思います。