Valve、「Steam OS」を北米時間12月13日に公開。「Steam Machines」プロトタイプの出荷も間近

sm_beta

ValveがSteam Community上にて「Steam OS」を13日に公開すると予告しています。これと同時にベータテスター向けの「Steam Machines」プロトタイプの出荷準備も進んでいるようです。

「Steam OS」利用の対象となるのは個人ユーザーとValveのOEMとなるPCメーカーが対象であるとしており、ダウンロードは無料で行えるようです。ただし、利用には“恐れ知らずのLinuxハッカー”では無い限り2014年後半にリリースされる「Steam Machines」の発売を待つほうが良いと述べられています。

また、10月より募集が行われていた「Steam Machines」ベータ参加者へのプロトタイプの出荷準備も着々と進められているようです。ベータの対象となるユーザーは米国居住者のみとなっており、日本人は製品版発売まで待つことになりそうです。

なお、1月にラスベガスで行われるCES 2014では「Steam Machines」のパートナー発表を含む更なる詳細が明かされるようなので、期待して待ちましょう。

私もバッジ取得のためにベータ参加の条件を満たそうとしていたのですが、住所入力の画面で思いとどまってしまいました。ベータ版を入手した人々の感想等も早く聞いてみたいものですね。