「Steam OS」バージョン1.0“Alchemist”が配信開始

steam_os

先日の予告通り「Steam OS」バージョン1.0の配信が開始されました。

“Alchemist”と名付けられた今回のバージョンはLinuxに精通したユーザー向けで、インストールファイルは存在せず、ソースファイルのみが公開されており、一般ユーザーは2014年の「Steam Machines」を待った方が良さそうです。

公式FAQには「Steam OS」の動作環境やインストール方法が載っているため、チャレンジしてみたいユーザーは一度覗いてみてはいかがでしょうか。

また「Steam OS」はSteamの機能やゲームをプレイするモードの他、デスクトップモードに切り替えてLinuxのアプリケーションを使用することも可能です。今後はセキュリティの向上やバグの修正といったアップデートを行っていくことが明らかになっています。