中世ヨーロッパを舞台にしたRPG「Kingdom Come: Deliverance」が発表

kingdom_come_1

チェコのWarhorse Studiosが中世ヨーロッパを舞台としたオープンワールドRPG「Kingdom Come: Deliverance」を発表しました。Cry Engine 3採用で2015年の発売を予定しているようです。

本作はPCおよび次世代機向けにリリースが予定されており、中世ヨーロッパの神聖ローマ帝国を舞台に、実際の歴史を基にしたストーリーが描かれ、魔法やドラゴンといったファンタジー要素を排除したリアル志向の作品となるようです。

ゲーム内ではプレイヤーのテクニックが要求される一人称視点での戦闘が採用され、広大な戦場での大規模戦闘や包囲戦、乗馬戦闘が用意されています。ストーリーはプレイヤーの選択によって変化するノンリニア方式を採用していることも明らかになっています。

kingdom_come_2

kingdom_come_3

ファンタジー要素を一切排除した硬派な内容とCry Engine 3による美麗なグラフィックに注目が集まる本作ですが、今後の続報にも期待したいところですね。