「Warframe」イベント“シセロの危機”開催中 解毒剤を作成して地球の危機を救え

warframe_115

F2PニンジャTPS「Warframe」にて11.5.0アップデートが実装され、新たなイベント“シセロの危機”が開催されています。同時に新Warframe“Oberon”も実装されるなど盛り上がりを見せています。

“シセロの危機”は森林タイルセットの実装を記念して行われているイベントで、グリニアが拠点を広げるために、地球の植物に毒素を散布し始めたため、これを阻止すべく地球の植物を採取して解毒剤を作り、グリニアの装置に解毒剤を注入することがプレイヤーの目的となります。

イベントミッションクリア時には使用した解毒剤のレアリティによってポイントを受け取ることができ、イベント終了時に限定バッジ、MOD、そして限定武器である“Wraith Twin Vipers”を受け取ることが出来ます。

ただし、従来のイベントと違い、ポイントは加算式ではなく1回のミッションで目標のポイントを達成する必要があります。(例えば限定武器を受け取るためには1回のミッションで100ポイントを達成する必要があります。)

イベントの他にも新たなプライム武器“Burston Prime”がOrokin Derelictで入手可能となったり、クリスマス用の限定スキンがマーケットで販売されています。そして早くも新たなWarframe“Oberon”が実装され、地球ボス“Vay Hek”から設計図を入手することが可能になりました。“Oberon”は支援パワーと攻撃パワーの両方を併せ持つバランス型のWarframeです。

今回のアップデートは中規模アップデートでありながらも大規模アップデートに匹敵するボリュームのあるアップデートとなりました。イベントは来年1月7日(日本時間)まで開催される予定です。