アルファ版「DayZ」の統計情報と2014年以降のアップデート計画が公開

走れメロン

今月17日に突如リリースされた「DayZ」。24時間で17万本以上を売り上げるなど、非常に好調な出だしとなりましたが、開発元のBohemia Interactiveが公式ブログを更新し、初週の統計情報と2014年以降のアップデート計画を公開しています。

現在も割引は無いものの、ホリデーセール真っ只中であるSteamでの売上げランキングで上位に位置する「DayZ」ですが、初週の興味深いデータは以下のようになっています。

初週の統計

  • 3つのパッチをリリース。
  • 40万人のプレイヤーがChernarusに足を踏み入れた。
  • 同時接続者数が4万人を記録した。

2週目からは2週間ほど開発スタッフが休暇を取るために開発ペースが落ちることを伝えていますが、2014年は「DayZ」にとって刺激的な年になるとしており、2014年以降に予定されている新要素がいくつか公開されています。

  • 現在のビルドに存在する10000以上の動的な要素の最適化
  • マルチスレッド化したサーバー
  • ゾンビとLootのリスポーン
  • さらなるハック・セキュリティ対策
  • 様々なカスタマイズを可能にするサーバー管理用オプション
  • 野生動物や料理要素の追加

あぁ・・・ロミオ!貴方はどうして呂水脈なの!