Valve、SteamOSに続き、新ハードSteam Machinesを発表

steam_machines

先日のSteamOSに続き、Valveは新たに新ハードとなるSteam Machinesを発表しました。

Steam Machinesは「十人十色の選択」として複数のパートナーと様々なSteam Machinesを準備していることが明らかにされています。

また、ハードウェアベータの実施も告知し、300人のSteamユーザーを対象にプロトタイプを無料で提供するようです。ベータへの参加方法は以下のとおりとなっています。

1.Steam ユニバースコミュニティグループに参加する
2.Steam ハードウェアベータに関する同意書に同意する
3.Steamフレンドを10人作る(10人いない場合)
4.Steam コミュニティに公開プロフィールを作成する
5.Big Pictureモードで、ゲームパッドを使用してゲームをプレイする

これらの条件を達成したユーザーは特製バッジを獲得し、ハードウェアベータ参加者を決定する抽選に参加することになります。参加者リストは10月25日に締め切られるため、それまでに達成するようにしましょう。

また、質問コーナーではハードの発売日をはじめ、ベータに関する疑問などに答えています。これによると、Steam Machinesは2014年初頭から、異なるメーカーから複数のハードが発売されることや、従来のSteamユーザーはこれまでと変わらずサービスを受け続けられること等が書かれています。

先日のSteamOSに続き新たに発表されたSteam Machines。ただ、複数のメーカーから発売されるというと、かつて販売されていた3DOという失敗したゲーム機を思い出してしまいますね。Steam Machinesが第2の3DOにならないことを願うばかりです。

まだ3つ目の発表が残っているので、新情報に期待しましょう。