NVIDIA、次世代のモバイルGPU「Tegra K1」を発表

tegra_k1

NVIDIAがラスベガスで開催中の“CES 2014”にて次世代のモバイル向けGPU「Tegra K1」を発表しました。

NVIDIAが展開するモバイル向けGPUでは第5世代となる「Tegra K1」は、192コアのSoCを採用しており、32ビット版を今年前半に、64ビット版は今年後半に搭載製品が発売される予定です。

DirectX 11やOpenGL 4.4といったAPIや最先端のグラフィック技術をサポートしており、発表会では「Tegra K1」上で動作するEpic GamesのUnreal Engine 4のデモが公開され、次世代ゲーム機やハイエンドPC並みのゲームがモバイルでも実現できることを証明しました。

また、従来「Tegra 3」、「Tegra 4」といったようにバージョン名を引き継いできましたが、「Tegra K1」で引き継がれなかった理由については「非連続的な進化」であるからと説明されました。

Unreal Engineの開発者であるTim Sweeney氏は「PCや家庭用ゲーム機と同じアプリケーションがモバイルで動作することにより、ハイエンドとモバイルの境界は更にぼやけたものとなるだろう」と述べています。

今年は日本国内においても次世代ゲーム機が発売される年でもありますが、モバイル分野においても最新の技術が続々と登場する年になるのではないでしょうか。