Razerが誰でも簡単にPCパーツの換装が可能なPC「Project Christine」を公開

奇抜なデザインのゲーミングデバイスを数多く発売してきたRazerがCES 2014にて誰でも簡単にPCパーツの換装が可能になるコンセプトPC「Project Christine」を公開しました。

“世界で最もモジュラー形式なゲーミングPCデザイン”である「Project Christine」は、各PCパーツがミネラル・オイルで冷却される「チェンバー」に収納されており、これを「バックボーン」と呼ばれる本体部分に装着させることで簡単にパーツの交換が可能になっています。

razer_chris2

RazerのCEOであるMin-Liang Tan氏は、フィードバックを得て見込みがあれば「Project Christine」の商品化を検討すると話しています。

また、「Project Christine」にて提供される各モジュールは基本的に他のPCへ流用することは出来ないものの、サブスクリプションモデルを用いることでこの問題を回避するアイデアがあるとTan氏は話しています。

これは、定期的な支払いモデルにすることで、ユーザーが最新のパーツが欲しくなったときに古いパーツをRazerに送り、Razerから最新のパーツを受け取ることが出来るというものです。

気になる価格に関しては、ユーザーが要求する性能や機能に由来するだろうとしており、詳細は明らかになっていません。