「Socom」風のタクティカルシューター「H-Hour: World’s Elite」のプリアルファ版映像が公開

PS2向けのオンラインゲームとして人気を博したTPS「Socom: U.S. Navy SEALs」シリーズの精神的な続編として開発が進められている「H-Hour: World’s Elite」のプリアルファ版の映像が公開されています。

「H-Hour: World’s Elite」は2013年6月にKickstarterで20万ドルの開発資金獲得に成功しているタイトルで、開発を行っているのは「Socom」シリーズの開発を手掛けたDavid Sears氏や退役軍人が在籍するSpecial Operations Force Studiosです。最大16人までのマルチプレイが主体のゲームで、1発の被弾が致命傷となるリアル寄りのゲームプレイが特徴となっています。

動画では初期の「Socom」らしい雰囲気が感じられ、シリーズのファンにとってはたまらない作品となりそうです。なお、本作は2015年1月にPC版がリリース予定で、PS4版のリリースも予定されています。近年のタクティカルシューター作品の人気が下火であっただけに、本作で再び人気に火をつける存在となりえるのか気になるところです。