Xi3 Pistonを11月29日にリリース。予約者は11月15日より購入可能

piston

 PCメーカーのXi3社からCES 2013にて発表されていた小型リビング向けPC、「Piston」。先日のValveの3つの発表で影が薄くなってしまいましたが、ついに11月29日より発売されるようです。

 PistonはValveが出資し、Xi3社が開発した小型PCでリビングでの利用はもちろん、通常のデスクトップPCとしても利用できるPCです。巷ではこれがSteam Boxかと話題になっていました。

 今年1月のCES 2013にて発表されていたPistonですが、今回遂に発売日が決定したことになります。一般ユーザー向けには11月29日、予約者向けにはそれより2週間早い11月15日より購入可能となります。また、当初3つのモデルが予約可能でしたが、現在は128GBのSSD搭載モデルのみが予約可能となっているようです。

 先日発表されたSteamOSはインストール可能かについては、プレスリリースのFAQで「その質問に答えるには少し早すぎる」と書かれていました。しかし、SteamOSの発表ページによれば全てのリビングルームマシンで動作すると書かれているため、Pistonにもインストールが可能であると考えられます。

 Steam Machinesとの関連性については、PistonはSteam Machinesではなく、独立したSteam対応の小型PCであるとしており、今後も独自の路線を歩んでいくことを強調しています。

 Pistonは小型ながらもAMD製のCPU、GPUに、8GBのRAMを搭載していることで、タワー型のPCにも劣らない性能を持っています。999ドルという価格もゲーム用PCとして考えればまずまずの価格であるため、購入を検討するのもいいのではないでしょうか。