「Warframe」Update 13と思われるティーザーサイトが公開中。Melee2.0や水を操る新フレームなど

F2PニンジャTPSのWarframe公式サイトにて謎のティーザーサイトが公開されています。

このティーザーサイトはTwitch上での配信で触れられたUpdate 13に関連するサイトと思われ、本アップデートで実装予定であるMelee2.0システムや、水を操る新Warframe、地球ボスCounciler Vay Hekの刷新などの情報が一日おきに更新されています。

Melee2.0は近接武器のアップデートで、コンボシステムや近接武器への持ち替えの対応、専用MODによるプレイスタイルの変更といった近接武器に関する大幅なアップデートとなっています。銃器が強力で近接武器を使う機会が少なかったために、数多くのプレイヤーに期待されているアップデートでもあります。

水を操る新Warframeは、正式名称が明らかになっていないものの、タコのような顔を持つ男性型Warframeとなるようです。これもTwitch上での公式配信で語られたもので、ティーザーサイトではじめてその姿が公開されました。また、手には新武器と思われるクロスボウと剣を持っています。

wft_13_2

地球ボスであるCounciler Vay Hekは以前よりその姿は配信やコンセプトアートなどで確認されていますが、開発が難航しており、中々実装されていない状況が続いていました。現在の人型のモデルから一転して、グリニアの殺人ロボットへと生まれ変わった姿が印象的です。先日のイベントでは実際に動いている姿が確認でき、実装も近いのではないかと噂になっています。

wft_13_3

ティーザーサイト上のスクリーンには後2つほど空きが残っており、まだ後2回ほど新情報が更新されるようなので、期待して待ちましょう。