「Serious Sam 2」のSteam版がSteamworksに対応 いくつかの不具合も修正

撃ちまくり系FPSの金字塔、「Serious Sam:The First Encounter」および「The Second Encounter」の続編として2005年にリリースされ、現在はSteamでも配信中の「Serious Sam 2」がSteamworksに対応しました。5月にサービスを終了したGameSpyへの対応と思われます。

アップデートが行われたのはSteam版「Serious Sam 2」で、マルチプレイヤーのマスターサーバーがGameSpyからSteamworksに移行したことで、引き続きマルチプレイが行えるようになりました。それと同時にワイドスクリーン時のFOV問題と、一人称視点でのUZI装備時のレンダリング問題も修正されています。

このアップデートにより、初代のオリジナル版である「Serious Sam Classic」を除くシリーズがSteamworksに対応したことになります。近年の映画的な演出を売りにしたFPSに飽きてきた方は、一度このシリーズに触れてみてはいかがでしょうか。