「Watch Dogs」“E3 2012”版のグラフィックを再現するMODプロジェクトが始動


先日海外でローンチを果たし、好調な売上げを記録しているUbisoftのオープンワールド「Watch Dogs」ですが、PC版のファイルの解析が行われ、E3 2012で発表されたときの設定が記録されたファイルが発見されました。さらにこれを利用したグラフィック強化MODの開発も始まっています。

今回ファイルの発見に至った経緯については、「Watch Dogs」が使用しているゲームエンジン“Disrupt”がファイルシステムにDunia 2(FarCry 3のエンジン)のコンポーネントを利用していたためにアンパックに成功したもので、既に当時の一部機能を利用可能にするMODがダウンロードできるようになっています。

現在公開されているMODでは、E3 2012開催時のブルームやリフレクション、雨の表現の変更、パフォーマンスの改善といった要素が含まれています。既にこのMODを適用したスクリーンショットも出回っており、一層リアルになった街や海を確認することができます。

wd_mod_01

wd_mod_02

wd_mod_03

E3 2012で発表されたときの衝撃が大きかっただけに、製品版発売時にグラフィッククオリティが下がってしまったと落胆した方には大変朗報なのではないでしょうか。今後のバージョンアップにも期待したいですね。