「Xbox One」の予約が6月21日よりスタート ソフトのラインアップを紹介する映像も公開

日本国内では9月4日にローンチを果たす「Xbox One」ですが、6月21日より予約を開始することが発表されました。これに合わせてタイトルラインアップを紹介する日本語字幕入り映像の公開や、限定版に関する情報などが公開されています。

予約は通常版の本体のほかに、Xbox One+Kinectに「Titanfall」と「Kinectスポーツ ライバルズ」を同梱した「Day Oneエディション」や各ローンチタイトルの予約も開始する予定です。

本体と同時に発売されるファーストタイトルには、「Forza Motorsport 5」、「Dead Rising 3」、「Ryse: Son of Rome レジェンダリーエディション」、「Kinectスポーツ ライバルズ」がそれぞれ6,900円、「Zoo Tycoon』が5,900円でXbox One と同時に発売される予定です。

エンターテインメント系アプリの情報についても公開されており、映画を楽しめる「Xbox Video」、ゲーム動画配信サービスの「Twitch」やインターネットブラウザである「Internet Explorer」などがXbox One発売時に提供されます。

さらに、日本独自のアプリとしてカラオケアプリ「カラオケ@DAM」や国内最大級の動画サイト「niconico」、宅配ポータルサイト「出前館」などが順次提供される予定です。

本国アメリカから約1年遅れる結果となってしまいましたが、日本独自のアプリとタイトルラインアップを充実させることで前世代以上のシェア獲得が期待できそうですね。