Wireless Keyboard K270:コスパから圧倒的に支持を受けAmazonでレビュー★4オーバー。ゲーミングパッケージならさらにお得。

Wireless Keyboard K270 20140620

2014年6月20日現在:このモデル製品にはAmazonで現在ベストセラータグが付いています。

有線のUSBキーボードは別に不都合がなければ、わざわざワイヤレス化しなくてもいいように思われます。きちんとキーボードを定位置から動かさないで済むのなら何も別のキーボードに乗り換えたいとも思わないでしょう。また使っても定位置に戻すことができるようなパソコンスタイルを維持できる人ならあまり関心が薄いかもしれません。

そんなことはないです!という方は実は多いのではないでしょうか。有線のキーボードの最大の不満な点はアシで引っ掛けて机から落とす。これに尽きます。


リビングでパソコンを楽しむなど、有線では使用できる範囲が限定されるために、どうしてもワイヤレスキーボードが必要になってくるそんな気がします。しかし、キーボードにお金をかけるというのは案外贅沢なお買い物なのかもしれません。

CPUやメモリやHDDなど自作PCでお金をかけるけれど、キーボードは前使っていたものを流用というパターンが多いと思うのです。

その点、今回取り挙げるLogicoolのキーボード「K270」は2,000円でお釣りがきます。なおかつこのキーボードは耐水性に留意した使用です。コーヒーがこぼれたからすぐに壊れるというほどデリケートではないようです。

Wireless Keyboard K270 20140620_5

ロジクールUnifyingレシーバー採用ですので、Logicool製品で統一することにより、例えばワイヤレスマウスなど追加してもUSB端子を一つにまとめて使用することができます。

Wireless Keyboard K270 20140620_4

省エネ設計で最大25ヶ月の動作が可能かつ自動スタンバイ機能がついてくるのも実用的です。数千円の製品でも「3年間の無償保証付」とは流石はLogicoolといったところでしょうか。

参考サイト)