「Minecraft」PS3版が遂に日本でも配信開始 

スウェーデンのデベロッパMojangが2011年にPCでリリースされ、その後スマートフォン向けのPocket EditionやXbox 360版など、様々なプラットフォームでの配信が行われている「Minecraft」ですが、本日よりPS3版の日本向け配信が開始されました。

「Minecraft」は様々なブロックで構成された世界を舞台に、洞窟の探索や建物の建築、アイテムの制作など、非常に自由度の高いゲームプレイが特徴のゲームです。家庭用ゲーム機向けエディションとしてはXbox 360版と、昨年12月に北米で配信が開始されたPS3版があり、約半年遅れで日本でのPS3版の配信が開始されたことになります。

PS3版はまず体験版をダウンロードし、“解除キー”と呼ばれる全ての機能を解除して製品版にアップグレードするためのキーを購入する仕組みとなっています。価格は2,057円(税込)です。

今後海外では「Xbox One」、「PlayStation 4」、「PlayStation Vita」での配信も予定されていますが、日本での配信はいずれも定かではありません。しかし、日本でも多くのファンがいることを考えると、配信される可能性は高いと考えられます。

家庭用ゲーム機向けに配信されているエディションはPC版と比べるとマップの広さなどに制限がありますが、PC版よりも多くの人の手にとってもらえるのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。今後次世代ハード向けに配信されるエディションにも期待したいですね。