開発中止となったSledgehammer製「Call of Duty」スピンオフのコンセプトアートが公開

2009年頃に、ベトナム戦争を題材とした三人称視点のシューターとして開発されていると噂された、Sledgehammer Gamesの「Call of Duty」スピンオフのコンセプトアートが公開されました。

このタイトルは、現在「Call of Duty: Advanced Warfare」を開発しているSledgehammer Gamesが2009年頃に開発していたタイトルでしたが、後にスタッフの多くが抜けてしまったInfinity Wardの「Modern Warfare」シリーズの開発に参加するためにキャンセルされました。

cod_vietnam_1

今回公開された3枚のコンセプトアートでは、敵に捕まった米兵の姿や、墜落するB-29、水路の崖の上にある町が描かれています。このコンセプトアートを手掛けたのはコンセプトアーティストであるEddie J Del Rio氏で、同氏は過去にルーカスフィルムや2K Gamesなどのスタジオに関わった経歴を持ちます。

cod_vietnam_2

cod_vietnam_3

発売されなかったのは非常に残念ですが、絵の雰囲気などからこのゲームの方向性を感じ取ることができますね。また、Eddie J Del Rio氏のWebサイトでは様々な映画やゲームのコンセプトアートを見ることができます。