Cliff Bleszinski氏が新作「Blue Streak(仮)」を発表 NEXONからF2Pタイトルとしてリリース予定

Epic Gamesで「Unreal」シリーズや「Gears of War」の開発に携わってきたCliffy BことCliff Bleszinski氏が、新スタジオ“Boss Key Productions”の設立でゲーム開発に復帰し、新作「Blue Streak」(コードネーム)をオンラインゲーム大手のNEXONからF2Pタイトルとしてリリースすることを発表しました。

本作のゲーム内容は、SF風のアリーナシューターで、かつて自身が手掛けてきたUnrealシリーズの様な作品になると思われます。同氏は以前よりアリーナスタイルのスポーツ系FPSを再び作りたいと語っており、それが実現することになります。

現時点では、詳細なディティールや実際のゲーム画面などは公開されていませんが、本作のパブリッシングを務めるのがオンラインゲーム大手のNEXONであることや、F2PスタイルのゲームになることをTwitterで語っています。

近年、NEXONのアメリカ支社であるNEXON Americaは欧米のコアタイトルの拡充を進めており、Splash Damageの新作「Dirty Bomb」にUnited Frontの新作F2Pタイトル等のパブリッシングも予定しています。

一方、Cliff氏が長年勤めてきたEpic Gamesでも「Unreal Tournament」の最新作がF2Pでリリースすることが予定されている等、スポーツ系FPSの復興が期待されています。