SCEが「クラッシュ・バンディクー」シリーズの復活に言及

現在は「Uncharted」で有名となったNaughty DogがPS1時代に開発した名作「クラッシュ・バンディクー」シリーズ。PS1を持っていなかった方も印象的な歌とダンスのCMを覚えている方も多いのではないでしょうか。

現在はSCEの手を離れ、Activisionからシリーズのリリースが行われてきた同作の復活に関して、SCEのCEOであるAndrew House氏が言及しています。

海外メディアTelegraphの“クラッシュ・バンディクーの復活”に関する質問に対し、House氏は「危険な話題である」と前置きした上で、「若年層に人気のあったシリーズを取り戻すことは間違ったことでは無い」と説明し、シリーズが再び戻ってこられるように努力していることを語りました。

現在シリーズは、2010年に発売されたiOS版「Crash Bandicoot Nitro Kart 2」を最後に新作が途絶えており、発売元のActivisionのサイトからもシリーズのページが削除されるといったニュースもありました。

プレイステーションもハードウェアの進化に伴い、子供向けタイトルが減少傾向にあります。かつてプレイステーションの人気を支えた同シリーズのIP買い戻しの可能性は少なくありません。