新生「Unreal Tournament」のマップ映像が公開 UE4で描かれるグラフィックに驚愕

「Unreal」シリーズや「Gears of War」で知られるEpic Gamesが開発中のF2P方式のシリーズ最新作「Unreal Tournament」ですが、ライブストリームにて開発中のマップを公開しました。

前作「Unreal Tournament 3」から実に7年振りとなる「Unreal Tournament」は、「Team Fortress 2」のようなF2PのFPSとして開発が進められており、ゲームエンジンには自社製のUnreal Engine 4を採用し、更に進化したグラフィックを特徴としています。

ライブストリームでは、途中(1:30秒あたり)からシリーズに登場する企業“リアンドリ”の施設と思われるマップの映像が公開されており、静止した状態では実際のゲーム画面とは分からないようなクオリティを実現しています。また、アートディレクターのChris Perna氏は、本作が従来の作品よりもリアルでクリーンな雰囲気にしたことで、キャラクターと背景をより認識しやすくしたと語っています。

まだまだ、Unreal Engine 4を採用したタイトルは少ないですが、ここでEpic Gamesがエンジンをフルに使いこなしたゲームをリリースしてくれることに期待したいですね。「Unreal Tournament」はPC/Mac/Linuxを対象にリリース予定です。