Atari 2600版「E.T.」を掘り起こすドキュメンタリー「Atari: Game Over」のトレーラーが公開

アタリショックを引き起こし、ニューメキシコ州の砂漠に埋め立てられた伝説のゲーム「E.T.」を掘り起こすドキュメンタリー「Atari: Game Over」のトレーラーが公開されています。

「E.T.」とは、1982年に発売されたAtari 2600用のゲームで、アメリカのビデオゲーム市場の崩壊を招いた事件である「アタリショック」を引き起こした原因とされるゲームです。

当時Atariはライセンス料を払えば誰でもAtari 2600用のソフトを発売できるようにしており、粗悪なゲームが数多く発売されていました。中でも映画のブームに便乗して作られた「E.T.」は特に酷い出来で、余った数百万本の在庫は14台のトラックで運ばれ、ニューメキシコ州の砂漠に埋め立てられたという都市伝説が誕生しました。

そして昨年6月に、この都市伝説を解明すべく埋立地を掘り起こすドキュメンタリー映画の制作がスタートします。そして遂に今年4月に発掘作業が開始、数多くの「E.T.」のパッケージが掘り起こされました。

今回公開されたトレーラーは、「E.T.」発売当時の映像や写真、発掘作業の様子などが描かれたものとなっています。

近年いくつかゲームをテーマにしたドキュメンタリー映画が制作されていますが、この作品も是非とも日本語字幕付きで視聴したい所です。「Atari: Game Over」はXbox独占で配信予定です。