Steamの価格が日本円に対応、決済方法にはコンビニ支払いが追加

コンソールゲームのプラットフォームと肩を並べるまでに成長したValveのPCゲームプラットフォーム「Steam」ですが、昨日ゲームの価格が円表示に対応しました。

これまでSteamでは、日本での購入は米ドルでしか支払いが出来ませんでした。そのため、日本円にするといくらになるのかが分かりづらかったり、為替手数料が必要になるなど、不便な部分がありました。

しかし、以前より日本円での支払いに対応するような発言がValveからあり、今回ようやく日本円での支払いに対応しました。現在は殆どのゲームが日本円での表示となっていますが、一部のゲームは対応が遅れる等で、一時的に購入が出来ない状態となっています。

また、今回の対応で、日本ユーザーのSteamウォレットの残高は8月20日当日の交換レートに基づき、米ドルから日本円へと変更されました。

日本円に対応した一方、決済方法にはコンビニ支払が追加されました。これまで日本からの購入はクレジットカードが必須となっており、未成年者がSteamでゲームを購入することは困難でしたが、今後は楽に購入できるのではないでしょうか。

なお、コンビニ決済はValveではなく、日本でSteamウォレットコードの販売を手掛けるデジカを通して行うようです。日本でよりSteamが利用しやすくなったことで、ユーザー数の増加にも期待したいところですね。