スタッフのVR酔いが原因で「Routine」のOculus Riftサポートが廃止

80年代風一人称視点ホラーゲームとして開発中の「Routine」のOculus Riftサポートが廃止になったことが開発元のLunar Softwareより発表されました。

開発者のAaron Foster氏は、Steamのコミュニティアップデート上で開発チーム全員がVRに興味を持っているものの、現行のキットではスタッフ全員がひどく酔ってしまったため、VRの統合は遅らせる必要があったと説明。今後もVRの統合方法を検討していくものの、VRに対応した「Routine」を必ず発売するかどうかは分からないとしています。

一方、2013年に発売予定だったものの、2014年に延期されたことに関しては、開発が順調に進んでいることをアピールし、現在様々なゲームで採用されている早期アクセスとして発売する予定はないと話しました。

Steam Greenlight公開と同時期に登場し、月面基地を舞台としたホラーゲームとして話題を集めた「Routine」ですが、既にGreenlightを通過し、発売が待たれる状態となっています。Oculus Riftを使ったゲームプレイも魅力だったために今回の発表に落胆するユーザーも多いのではないでしょうか。