DayZ:SA サバイバルガイド #1 「SA版の変更点・システムについて」

昨年末にようやくアルファ版がリリースされ、製品版に向けて定期的なアップデートが続けられているBohemia InteractiveのDayZスタンドアローン(SA)版。Mod版から変わった点やSA版独自のゲームシステムについてご紹介します。

Mod版からの変更点

まず、Mod版DayZの舞台であったChernarus共和国は新たな街を加えたChernarus+となりました。現在も新たな都市の追加などが行われています。軍事施設や医療施設は各地に設けられ、貴重な物資の回収のためにBanditの多い都市の探索を行う必要性はぐっと下がりました。

一方でコンビニ(スーパーマーケット)と呼ばれていた商業施設に湧くアイテムは大幅に減りました。その反面これまでは入れなかった民家にも入ることができるようになり、街を探索する楽しみが大幅に増えました。

これから改善される可能性はありますが、街に湧くゾンビの数は少なくなり、動きも遅くなったため簡単に倒せるようになっています。何度か修正は加えられているものの、建物を通り抜けるバグが稀に存在します。

ARMA2のPMCモデルを使用していたMOD版と違い、プレイヤーキャラクターの服は自由に着せ替えられるようになっています。Humanityで相手が善良なプレイヤーかどうか判断することが難しくなったので他のプレイヤーを見かけた時はより慎重になった方がいいかもしれません。

健康管理の基礎知識

Mod版では缶詰や野生動物の肉を食べる、輸血を行うなどで血液量を回復させていましたが、SA版では食事と水分を十分に取ることで時間経過とともに回復するようにもなっています。しかし食べ物をはじめSA版のアイテムには状態を表す表示があり、“Damaged”や“Badley Damaged”となっている食料を食べてしまうとSick(食中毒)状態になることがあります。Sick状態は、ビタミン剤やフルーツで回復させることができます。

敵からのダメージや高所から落下するとBroken Bones(骨折)状態になります。骨折すると匍匐移動しかできなくなります。Mod版ではモルヒネで復帰させることが出来ましたが、レアアイテムで中々見かけることがありませんでした。SA版ではモルヒネの他、木の棒と布で添え木を作って応急処置を施すことができるようになりました。木の棒は斧で木を切って入手、布はいらないTシャツから作ることが出来ます。

戦闘について

DayZは街で見かけたプレイヤーと戦闘になることがあります。知らないプレイヤーと協力したいという気持ちもありますが、残念ながら大半のプレイヤーは他のプレイヤーを見かけると容赦なく襲いかかってきます。このゲームでは先に相手に気付いた方が圧倒的に有利です。他のプレイヤーを見つけた時、相手が気づいてないようであればそっと射程内まで近づき、鉛玉を浴びせましょう。

逆に近距離で銃声が聞こえてきた場合には、とにかく逃げて安全なところで体制を整え、索敵を行ってください。銃声が聞こえてから索敵を行っていてはまず勝ち目はありません。

敵が倒れたことを確認したら、早速アイテムの回収に行きたい所ですが、銃声に気付いたプレイヤーやゾンビが集まってくる可能性もあるので、周囲を探索してから回収に向かうといいでしょう。

先ほど述べたようにSA版にはアイテムの状態という概念があります。そのため銃撃戦になった際にはアイテムが損傷していることがあります。特にRuined状態となったアイテムは完全に壊れてしまったため諦めましょう。幸いにもBadley Damaged状態で残っていたアイテムは修復できる可能性が残っています。

衣服はSewing KitでWorn(中古)状態まで修復でき、銃器はWeapon Cleaning Kitで修復することが可能です。どちらも民家などで見かけるので見つけたら回収しておきましょう。

次回はゲームの流れについて説明していく予定です。