初代「Grand Theft Auto」をクリエイターが3Dでリメイク

現在のシリーズと違い見下ろし型視点の初代GTAですが、これをクリエイターが3Dでリメイクしたようです。

3以降完全な3D作品として登場し、大人気シリーズとなったGTAですが、それ以前のGTAは見下ろし型の2Dのアクションゲームでした。これを初代GTAのクリエイターであるMichael Dailly氏がゲーム開発ツール「GameMaker Studio」を用いて初代GTAのマップを再構築しました。現在この3DエンジンはHTML5およびWebGL上で60fpsで動作している模様。

 しかし、残念ながらゲームプレイの搭載は予定していないとの事ですが、初代GTAは現在無料で公開されているため、3以降のシリーズしかプレイしたことが無いという方は一度遊んでみてはいかがでしょうか。