「Batman: Arkham」シリーズがGames for Windows Live排除へ 今後はSteamworksのみに

batman_arkham_city

先日「Bioshock 2」がGames for Windows Live(GfWL)を排除するニュースがありましたが、「Batman:Arkham Asylum」「Batman:Arkham City」もGfWLを排除しSteamworks採用となることが発表されました。

対象となるのは「Batman:Arkham Asylum」「Batman:Arkham City」のGOTY版で、既にSteamで購入済みの場合はパッチを当てることで自動的にGfWLが排除されますが、外部サイト等で購入した場合はSteam上でキーを認証させることで、自分のSteamアカウントに登録することができます。

なお、セーブデータに関しては引き継ぐことは出来ず、最初からやり直しとなる模様です。

以前から何度か噂になっているGfWLの廃止ですが、Microsoft側からの正式な発表は未だに無く、今後の発表に注目が集まるところです。

既に私もSteamでこの2作を購入済でしたが、GfWLよりPCゲーマーの間で悪名高いプロテクト「Securom」をインストールするためにインストールを躊躇していました。今回の件でSecuromも排除されるようなので暇なときにインストールして遊んでみることにします。

また、最新作「Batman:Arkham Origins」も今月発売予定となっています。(こちらは最初からSteamworksのようです。)