PETAが「Minecraft」の動物殺傷禁止サーバーを開設予定

マリオやポケモンなどのビデオゲームを対象に糾弾運動を行い、世界中で話題となった米国の動物愛護団体「PETA」が、「Minecraft」のサーバーを立ち上げると発表しています。

同団体が発表した情報によると、Hyperscaleというチームが作り上げたフィールドには、多くの果物や野菜、そしてPETA本部や廃墟と化した畜殺場やサーカステントが用意されているとのことです。

mc_peta1

mc_peta2

そしてこのサーバーにおけるルールは「動物の殺傷禁止」であるとしています。動物を倒すことが出来ないとなると、野菜や果物だけで生活することになりますが、動物からしか入手することが出来ない革が手に入らない分、中々厳しいプレイを強いられそうですね。

また、これまでのキャンペーンの様に動物擁護への効果がどれだけあるのかも気になる所です。サーバーは11月15日より開設予定とのことなので、興味のあるプレイヤーは足を踏み入れてはいかがでしょうか。