食パンシミュレーター「I am Bread」のアーリーアクセスが12月3日にリリース

珍妙なシチュエーションで行う手術シム「Surgeon Simulator」を開発したBossa Studiosの最新作「I am Bread」のアーリーアクセス版が12月3日にSteamでリリースされることが発表されました。

「I am Bread」はその名の通り食パンが主人公で、自分を焼くための冒険に出るゲームです。一斤の食パンから切り出された主人公を操作し、ジャムやバターを塗ったり、時にはバスタブに落ちたりしながらもトースターまでの長い旅を楽しむことができるようです。

トーストになるための手段は数多くあり、ただトースターで焼くだけでなく、ドライヤーや打ち上げ花火などで焼くことも可能です。また、操作方法も独特で、パンの四隅に割り当てられたボタンを押しながら移動するなど、非常に難易度が高いものとなっています。

家の中の各オブジェクトには物理演算がなされており、これらのオブジェクトを利用して移動するといったプレイも可能です。

近年は同スタジオの「Surgeon Simulator」に始まり、ヤギを操作するCoffee Stain Studiosの「Goat Simulator」など珍妙なシミュレーターがいくつか出回っていますが、本作もまた珍妙な体験をさせてくれるのではないでしょうか。