F2Pとしてリリース予定だった「Command & Conquer」の開発が中止に

cnc

EAの人気RTSシリーズ最新作でF2Pタイトルとしてリリース予定であったVictory Gamesの「Command & Conquer」が開発中止となりました。

「Command & Conquer」は2011年に「Command & Conquer Generals 2」として発表されたタイトルです。Victory Gamesにより開発が進められていました。

Victory Gamesは今回の件についてクローズドαテストを進めていく中でユーザーの求めるゲームが開発できていないことが明らかで、議論を重ねた上で今回の開発中止に至ったと述べています。

また、これから10日間でユーザーがα中に使用した資金を返金していくとしています。

これに合わせ、Victory GamesのマーケティングマネージャーはTwitter上で同スタジオも閉鎖する予定であると伝えています。2010に発足したVictory Gamesはこれまで「Command & Conquer」の開発に力を注いできましたが、1作品も世に送り出すことなく閉鎖されることになります。

gamescom 2013では新たなトレーラーが公開されるなど、開発が順調に進んでいるように思われただけに、今回の件は非常に残念ですね。