Switch

Nintendo Labo-つくる・あそぶ・わかる-

Nintendo Labo-つくる・あそぶ・わかる-

任天堂は本日(01/18)にNintendo Switch(以下スイッチ)の新たな展開を発表した。
内容はスイッチのコントローラーを「自分」で「ダンボール」を組み立て遊ぶという物。
その名も「Nintendo Labo」(以下ラボ)。
2018/04/20に発売予定を予定しています。

どんな製品なの?

ラボは、スイッチ用ソフトとダンボール製のキットがセットで販売される。
プレイヤーが自分の手で組み立て、
「Toy Con」と呼ばれるコントローラーを作成して遊ぶ新たなスタイルだ。

現時点で2種類のキットの販売が予定されている。
「VARIETY KIT」では、釣り竿やピアノに家、
バイクにリモコンカーなど生活感があるものが収録されている。
「ROBOT KIT」では、大きなバックパック、ゴーグルなどの身に着けて、
ロボットの万マシンインターフェイスとして遊ぶものが収録されている。

VARIETY KITは6980円+税、ROBOT KITは7980円+税となっている。
自分好みにデコレーションできる「デコるセット」も同時販売される。
マスキングテープとステンシルシール、シールがそれぞれ2種類セットになっており、980円+税となっている。
シールは、どこかのゲームで見たことあるような物も。

まだ発表されたばかりなので、
今後詳しい情報が徐々に解禁されていく予定です。

Touch and Try!

著者も発表を視て記事を書いている訳ですが、
正直な事を言うと今一つピンときていません。
耐久性に定評のある任天堂ですが、
ダンボールをコントローラーにしているので、
耐久力や操作性などは大丈夫なのかなど気になるポイントもあります。
値段も第一印象では、少し割高な気もしますし・・・
今までに無かった発想の遊びで興味はそそられますが。
そんな人に朗報です。
実際にラボが体験できるイベント「Nintendo Labo Camp」が、
02/17・18に東京の渋谷で、
02/24・25に大阪の梅田で開催決定です。
エントリーは公式サイトで始まっています。(https://www.nintendo.co.jp/labo/camp/index.html)

た・だ・し!!!

・本企画は小学生のお子様と保護者の方向けのペア限定イベントです。
・ご応募いただくには保護者の方の「ニンテンドーアカウント」、および「ツイッターアカウント」が必要です。
・イベントの様子は写真や動画に収め、任天堂の宣伝活動(TVCM、ウェブ媒体、店頭など)で利用させていただきます。
・当日は撮影カメラが入るため、帽子、マスクなどの着用をご遠慮いただく場合がございます。
・会場までの交通費は参加者負担となります。
(公式サイトより抜粋)

うん・・・
無理だ・・・
地方在住なので交通費が馬鹿にならないのもあるけど・・・
子どもどころか配偶者も!恋人も!
イwナwイwヨ!!!

まぁ確かに小学生の知育玩具的にも、
親子のコミュニケーション的にも良さそうですから初動としては正しいのかも。

著者も小学生の頃にミニ四駆や各種模型なんかを親と一緒に組み立てた思い出があります。
物を組み立てるって手先はモチロン、頭も結構使うし、
イロイロ試行錯誤したり、デコって個性を伸ばすのも醍醐味です。
何だかんだで普及しているスイッチだからこそ、
取っつきやすいし、人との違いも比較するのも面白いかも。

地味に微妙に欲しくなっている←著者

派手さは無いけど、実際に作って遊ぶと言うコンセプトが気になっています。
公開された動画を視た感じでは、
ハサミや接着剤も使わないし、
組み立て説明もスイッチで操作する感じなので低学年でも無理なく楽しめそうです。

子ども世代だけでなく親世代も一緒に巻き込んで、
一家に一台や兄弟一人一台と言った販売戦略も強かな経営戦略だと感じます。
ゲームファンによる初期需要と悪質転売屋が蔓延る流通がほぼ過去の出来事となり、
一般に適正価格で販売されるようになったからこその展開です。
今後、全国でも段階的に体験イベント展開されるでしょう。
ひとまずは、体験会の感想や公式情報などを楽しみにしたいと思います。

ニンディーズ -任天堂が提案する新しいゲームスタイル-

ニンディーズ -任天堂が提案する新しいゲームスタイル-

「スプラトゥーン2」や「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」など、
Switchには魅力的なタイトルが存在しています。
品薄で悪質テンバイヤーが蔓延っている印象が強いですが、
増産体制も整って正規流通品が、
夏頃に比べれば入手しやすくなったと感じます。
そんなSwitchですが、「インディーズゲーム」の1つのプラットフォームになっています。

 

ニンディーズってなんぞや?

ニンディーズとは、「Nintendo」と「Indies」を合わせた造語のことです。
Nintendoは言わずもがな、
Switchの発売元であり様々なゲームを世に送り出している会社です。
Indiesとは、独立系ゲームの事を指しており、
新規独立起業や個人や小規模開発、同人サークルなどによって製作されたゲームの総称です。
PlayStation Networkやゲーム配信サイト(Steamなど)では、
かなりの数の新作がリリースされています。
任天堂は独自の審査システムを規定しており、
同社のハードウェア向けに制作販売される作品に課せています。
著者も様々なプラットフォームでゲームを楽しんでいますが、
3DSを購入した時の「Nintendo eShop」のラインナップは数が少ないというか、
ちょっと手を出してみようかと思う作品がパッとしない印象でした。
そんな中、「Nintendo of America」(任天堂の現地法人)は、
「Humble Bundle」(PCゲームや電子書籍・音楽など利用者が購入したい作品に好きな購入金額を設定でき、利益の一部がゲーム開発者のほか、チャリティ団体にも贈られるという面白いデジタルコンテンツサイトです。)
と協力して、「Humble Nindie bundle」というプロモーションを開始しました。
2015年のE3(ロサンゼルスで行われるゲーム見本市)では、
「Nindies@Home」というオンラインイベントを行うなど精力的に展開していきます。

開発者に制作・販売環境を

2016年7月から、任天堂の開発者向けポータルサイト「Nintendo Developer Portal」のアカウントを取得すれば、
3DSやWiiU向けの作品を開発・配信できるようになりました。
そして2017年にSwitchが販売されました。
Switchもこれに加わり、開発機も5万円程度で入手できるようになりました。
「Unity」や「Unreal Engine4」などのミドルウェアにも対応しています。
この様な要素から個人・小規模開発者などのゲーム製作がし易いのが特徴です。
まさにインディーズに優しい制作環境である事が解ります。なお、ゲームの販売にはレーティング収得や任天堂によるガイドライン審査などを受ける必要があります。

 

ニンディーズのちょっとした問題

ニンディーズでは名作になりそうな作品から、
スルメゲーやクソゲー臭漂う作品まで幅広く取り揃えています。
残念なことですが、日本では未販売の作品もそこそこの数存在します。
しかしSwitchは、リージョンフリーなので日本で発売されていない作品もプレイすることが可能です。
ただし、任天堂からの動作保証は無く、
基本的に日本語対応していない場合が多いです。
ゲームカードならば輸入した物や現地で購入した物を使用すればそのまま遊ぶことができます。
しかし、Nintendo eShopではユーザーアカウントで設定した地域によって配信されている作品が異なります。
日本のアカウントでは、海外のダウンロード作品を購入することができないのです。
解決方法として、海外アカウントを習得して、
その地域で使用可能なクレジットカードやプリペイドカードを使用すればダウンロードは可能です。
注意点として、既存の日本アカウントの国籍を変えてしまうと残高が0になってしまいます。
なので以下のような作業が必要になります。

①海外アカウントを作成する。(以降は北米アカウントでの場合です。)


②使用しているSwitchとアカウントの紐付けを行う。


③eShopを機動して、ユーザー選択で海外アカウントで起動します。
言語設定などは適当で大丈夫。


④eShopの残高を追加する。これが鬼門でメンドクサイ。
何故なら日本のクレジットカードやeShopカードは使用できないのです。
なのでそれぞれ海外の物を用意する必要があります。
「米Amazon」や「Playasia」と言ったサイトでeキャッシュを購入します。
「PayPal」にも対応しているので、日本のクレジットカードを使用してPayPalアカウントを海外にすれば利用できる。
ただし海外のサイトなので、安全かどうか、英語での対応ができるかなどを考慮する必要がある。
著者自身経験は無いが、国際電話での本人確認を要求されたと言う話も聞きます。


⑤後は購入するだけ。著者は地域設定がアメリカだったので、
購入時にZIPCODE(日本で言う郵便番号みたいなもの)を聞かれたました。
アメリカでは州によって税率が異なるので、何もなければ消費税が無い州を選ぶと良いと思います。
具体的には、アラスカ州・オレゴン州・モンタナ州・ニューハンプシャー州・デラウェア州の5つ。
州によって税率が結構変わるので注意です。


⑥プレイする際はどのアカウントでも遊ぶことができます。
作品によっては、日本のアカウントで起動したら、
自動的に日本語化された状態になるものもあります。


ニンディーズ以外にも、良質なインディーズゲームが世に送り出されています。
ゲーマーな著者としてはとても良い風潮です。
これにより様々なプラットフォームで新たな風が吹き込むでしょう。
日本ではスマートフォンやタブレット型端末の普及によって、
手軽に遊べて搾取されるソーシャルゲームが流行っていますが・・・
それなりに思う事がありますので、是非とも頑張ってもらいたいです。

モンスターハンターXX -新大陸へ渡る前の一狩りを!-

モンスターハンターXX -新大陸へ渡る前の一狩りを!-

以前取り上げたモンハンシリーズ。
新作モンスターハンターワールド(以下MHW)発売も近づき、
12月10日にはオンラインベータテストも行われる予定です。
今回紹介するのは2017年3月18日発売した「モンスターハンター XX 」(以下MHXX)。
前作モンスターハンター X(以下MHX)の続編であり、
MHXXを購入すればMHXの内容も網羅している。
新拠点や新ステージ、武器や防具などが追加されるのはモチロン、
狩猟対象となる中型以上のモンスター数94種。                  小型モンスターを含めると130種類にもなる。
仕様変更やシステム面の調整も行われており、
対応ハードも3DSやSwitchなど幅広く、
過去作以上に遊びやすくなっている本作の魅力に迫っていきます。

 

お祭り的モンハンの集大成

 

モンハンシリーズはもともと全クリなんて概念が無く、
遊ぼうと思えばいつまでも遊べます。
MHXXはモンハンシリーズの中でも屈指のボリュームを誇ります。
前作MHXでは四天王と呼ばれる4匹の看板モンスターが登場していましたが、
今作ではそれに加えてさらに双璧と呼ばれるメインモンスターが登場する。
もちろんその他追加モンスターも多数登場し、
前述の通り130種類のモンスターがハンターを待ち受けます。
新フィールドも解禁となったのは当然、
過去作からのリメイクフィールドも多数存在します。
新フィールドを調査するために主人公らが利用するのが新たな拠点「龍識船」です。
簡単に言ってしまえば大型飛行船団。

モンハンの世界観では飛行船技術はシリーズを重ねる度に発達しています。
しかし、制作会社であるカプコンに登場する航空機はほぼ確実に墜ちると言う有名なジンクスがあることがゲーマーの間ではかなり有名なのですが・・・
MHXで物議を醸した狩猟スタイルや狩技も更にパワーアップしている。
狩猟スタイルは新たに2種類追加され、狩技は武器種毎に1つ追加された。
もちろん既存の物にも調整が加えられている他、
SP狩技と言う要素も加えられ、より個性が出る遊び方ができるようになった。


MHXで登場した画期的なニャンターモードも強化されているのも見逃せない。
過去作で登場したキャラクターもあの手この手のクエストを持ち込み登場するのも本作の魅力の1つです。
村クエのエンディングは必見です!

 

カユイ所に手が届くシステム

 

MHXXで最大の功労は「防具合成」と言うシステムでしょう。
その名の通り、防具の性能はそのままで見た目を変更できるという代物。


このシステムを利用するには幾つかの条件があるのだが、
歴代のモンハンシリーズで代々継承されてきた「呪い」から遂に解放された時である。
発売当初はコラボ装備は基本的に対象外だったが、
後のアップデートで解禁されより自由度が増した。
またこのシステムはオトモアイルーにも当然対応している。
面白いシステムと言えば、クエスト出発前に申請を出しておけば、
クエスト中に条件を満たせば申請したアイテムセットがロケット輸送されるものがある。
クエスト関連ではリアル1日2回、追加報酬がもらえる「本日の調査対象」なるシステムがある。
指定されたモンスターをどのランクでどのクエストでもいいので狩猟すればいいので知らずに達成することも。
その他にも結構な数の地味でなんで今まで放置してきたのだと言いたい変更が数多く施されている。

 

今から始めても大丈夫?

 

モンハンシリーズは、ハッキリ言って人選びます。
著者も日々布教活動していますが、定着率はイチローの打率くらいかな?
また、息が長く有名であるが故に評価も厳しく批判も多い作品です。
著者は間違いなくモンハンシリーズ大好き人間ですが、
MHX、MHXXは少し微妙な評価です。
伝統は確かに継承されているのですが、悪い所もしっかりと伝承しなくてもと言う感じですかね。
死にスキルは当たり前、モンスターハンター4から地形に変化を持たせたのは面白いのですが、
何というかもうちょい何とかならないのかって感じも変わらず。
一番許せないのはモンスターの生態描写ですよ!
ハンター大全と言う設定資料集を販売するほど作り込まれ、
モンスターハンター3ではそれをウリにしていて下地はあるのにも関わらず、

・絶対お前ここ生息場所じゃないだろと突っ込みたくなる場所に出てくるモンスター。
・どうしてこんな場所まで辿り着いたと突っ込みたくなる場所に出てくるモンスター。
・レベル制でチケット制。イロイロ荒らぶる二つ名モンスター。倉庫圧迫要因1。
・痛い!タフい!疲れない!すぐ怒る!原因不明!獰猛化モンスター。倉庫圧迫要因2。

とぱっと思いついただけでもこんな具合に出てきます。お前本当に生き物なのっていうのツッコミはもうナシです。(ハンターもモンスターもw)


しかしながら前述の通り、登場モンスターや新たな仕様やシステムは正に進化と呼ぶに相応しいのではないでしょか。
MHWの発売を前に期待と興奮がそろそろ高くなってくる時期ですし、
3DSベストプライス版なら、税別3990円とお手頃です。いまなら年末商戦なんかでもっとお得になんてことも。
そして地味ですが、いまだにDLCは新しいクエストや特典が配信されています。
マルチプレイは人口が大分減って過疎が進んでいますが、
まだ募集はしているし、動画配信なんかもしてますね。
遊び方もただモンスターを狩猟する、武具をコレクションする以外にも、
レア素材のビンゴをする(公式でやってました)とか、風景探索(Switchがおススメ)、
各種縛りプレイなどいろいろ遊びのポテンシャルはかなり高い作品です。ゲーム内外問わず、幅広いコラボも魅力の1つです。例えば、

・キングダム
・名探偵コナン
・ハンター×ハンター
・ゼルダの伝説
・セーラームーン
・ドリフターズ
と言った有名どこから、
・魔界村
・逆転裁判
・ストライダー飛竜
などの自社コラボ、
・ファミ通
・電撃
・ジャンプ
と言った雑誌、
・銀だこ
・バーミヤン
・ステーキガスト
と言った飲食店、
・ユニバーサルスタジオジャパン
・快活CLUB
・リアル脱出ゲーム
・TSUTAYA

などなどかなり手広くやっていて、USJに至ってはかなり力を全力で注いだリアルイベントを毎年やっています。
これはMHXXに限らずモンハンシリーズ共通ですが、意識すれば、どこかで何かしら目にします。
流石は大阪の会社ですねー、商魂逞しい。


wikiを始め各種攻略サイト、まとめサイトやブログランキングでも専用板もありますし、
動画やSNS等で日々様々な情報やイラストが飛び交っています。
攻略や効率に特化した物、世界観補完や妄想に溢れた物、ネタに走った物etc…
ソロプレイでも楽しめますが、マルチプレイで気の合う狩友との時間は本当に楽しいですヨ!狩りの世界はアナタを待っています!