丈夫で堅牢なLatitude 13 7000 プレミアムモデル(GSP)とVAIOの13.3インチノートとの比較レビュー(2)丈夫さと入力のしやすさをチェック

DELLのLatitude 13 プレミアムモデルGSPとVAIO S13を並ばせたイメージ画像

画像はDELL、VAIO製品サイトより

世界で賞賛された2016年度のCES Innovation Awardsに輝くLatitude13 7000シリーズ

CESとはConsumer Electronics Show(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)という祭典のことです。

Latitude Ñ3700シリーズは製品サイトの画像から分かるように輝かしい評価を受けています。CESで受賞というのが4つ下の画像から見られます。

DELLのビジネスノートLatitude N3700のイメージ画像

DELL製品Latitude N3700サイトより

世界でイノベーションアワードを受賞したDELLがいくら優れているとはいえ、

でも日本人は海外での評価よりも国産技術を応援したくなるのが人情というものです。そこで同じ国産でもモバイルノート最先端を走るVAIOモバイルノートをとりあげ、最新の13.3インチの軽量モバイルノートVAIO S13を比較対象モデルとし、新製品には新製品でレビューしようと試みます。どうぞおつきあいください。

(前回は、Latitudeの値段に合わせた価格コムの底値を意識したVAIOモバイルノートVAIO Pro 13 mk2意識し比較です。)

というのも、国産の最新モデルなら規模で大手海外通販パソコンとの価格競争で最新モデルでは太刀打ちできないと思いまして、

敢えて旧モデルとなったVAIO Pro 13 mk2を比較モデルとしたわけです。ところが新製品のVAIO S13でも、今ならキャッシュバックで十分にLatitude13 7000プレミアムモデル(GSP)と張り合う価格で入手できそうな試算がまとまり、急遽VAIO S13との比較となりました。

カーボンファイバー製のカバー付きとカバーなしのLatitude N3730の様子で近日発売予定。

DELL Latitude 13シリーズ製品サイトより
手前側がカーボンファイバー製のカバー付きの様子で近日発売予定。

航空宇宙産業でも利用されているカーボンファイバ素材を採用しているLatitude 13

軽くて丈夫なことでは素材として高価なカーボンファイバー素材を採用しています。

背面側はアルミ素材で囲み強度は相当なものです。

丈夫さはVAIO S13だって負けてない

断面が六角形状に形づくられた「Hexa-shell(ヘキサシェル)」デザイン

上の動画のように通勤電車やエレベーターでぎゅっと押し込まれるシーンを想定したかのような強い力のかかるダメージを想定しています。

これでタッチ非対応のモデルの軽さは1.06kg、もっとも薄い部分は13.2mmです。

 

12インチモバイルノートの大きさの中に13インチの画面を実現しているDELLのPR画像

DELL Latitude 13シリーズ製品サイトより

  • 高さ: 14.32 mm(0.56インチ)
  • 幅: 304.8 mm(12インチ)
  • 奥行き: 210.5 mm(8.3インチ)
  • 重量: 1.12 kg
  • 世界最小こそLatitude 13 最大の売り

ワールドワイドな製品なので寸法の単位がインチとなっています。横幅12インチに13インチが詰められているとアピールしています。

DELLのLatitudeほどではないなりにスッキリとした形状にまとめてあるVAIO S13の寸法図の画像

VAIO S13製品サイトより
DELLのLatitudeほどではないなりにスッキリとした形状にまとめてある

タッチ非対応の場合、

  • 高さ:14.3~18.9mm
  • 横幅:322mm
  • 奥行き:217.1mm

 

DELLのLatitudeとVAIOS13とのキーボード配列の傾向

VAIO S13のキーボードの様子画像

2016-3-23
VAIO S13製品サイトより拡大

キー配列も大きさの揃った配列で固められています。バックライトキーボードの採用で暗い場所でのタイピングしやすいデザイン。

Latitude 13 3700のベースモデルXPS13のキーボードの画像

XPS13の日本語キーボードの様子DELL XPS 12 13 L321x L322x 13日本語キーボード交換用パーツ バックライト付き ec_onlineshopから

世界最小12インチサイズの中に13.3インチを詰め込んでデザインされた日本語86キーボードは、今のところDELL公式で確認することができませんでした。

参考としてベースモデルとしてXPS13のキーボード配列をご覧ください。

合わせて2in1タイプのLatitude N3700の写真はウインタブ(@WTab8)さんのレビューされた

“DELL Latitude 13 7000 - Core M搭載の13インチ 2 in 1はアメリカンサイズ(実機レビュー)”

公開日:

内のキーボードの写真と合わせて照らし合わせてみると実機のキーボードの雰囲気がおおよその傾向がつかめると思います。

(2in1タイプのキーボードとクラムシェル型のLatitude 13 7000 プレミアムモデル(GSP)とは同じLatitude 13 3700シリーズでも全く同じパーツではないために若干違いがあるようです。)

 上下を比較してわかるようにVAIOではタイピングする際のてのひらがタッチパッド周辺に置けるようになっています。

(タイピング中に誤作動を起こしてしまうようだと悲惨なことになるわけです。廉価なWindowsタブレットにカバー兼キーボードだとこれが起きやすいと言われています。)

長時間のタイピングで疲労を抑えるパームレストを設けたデザイン画像

VAIO S13製品サイトより
長時間のタイピングで疲労を抑えるパームレストを設けたデザイン

パームレストとして長時間のタイピングを想定した使う人への配慮されたデザインになっています。

モバイルノートの比較の材料としてマシンスペックよりもデザイン面に今回の特集はまとめています。従来の88ちゃんねるではややカタログスペックの比較でまとめてきたような傾向でしたがいかがだったでしょうか?(次回もよろしくおつきあいください。)

参考リンクなど

VAIO S13製品サイト

Latitude 13 7000 プレミアムモデル(GSP)の基本価格が税込で169,980円~

VAIO S13のカスタマイズ例/税別価格が151,800円(税込163,944円-1万円キャッシュバックキャンペーンなら、さらに低価格で!)

  • Windows 10 Home/S1311
  • Core i5-6200U(2.30GHz)/S1311
  • メモリー8GB(オンボード)/S1311
  • タッチパネルなし/S1311
  • SSD(SATA) 256GB/S1311
  • TPMセキュリティーチップなし/S1311
  • Officeなし/S1311
  • 長期保証<3年ベーシック>/VJS1311用
  • サービスチケットSP(U-NEXT)
  • サービスチケットSP(iKnow!)
  • サービスチケットSP(日本経済新聞 電子版)
  • サービスチケットSP(Hulu)
  • 付属品/VJ1
  • 13.3型ワイド(1920×1080)/S1311
  • インテルHD グラフィックス 520/S1311
  • 無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/S1311