「コトバのカタチ」1万6千以上の組み合わせで2つの文字を立体で合成?!新しい発想でオブジェを3Dプリンターで出力するサービス


子どもやお店、インテリアからプレゼントにコトバの遊び心をつかむ立体的なアクセサリーの画像の様子

https://youtu.be/dmUTIkRuAV4より

3Dプリンターの技術で提案している新たなサービスに注目です。上の画像は3Dプリンターの応用したオブジェの作成の活用例の数々です。

フィギュアなどは3Dプリンターで造型できる種類ではお馴染みです。でも、今回の特集する3Dプリンターでできるものはアニメなどのキャラクターでもなく、動物などでもないユニークな「文字」そのものなのです。

2つのコトバを3次元的に直角方向からぶつけることで、1つ1つの文字だけにとどまらない面白い形を合成し、立体出力してくれるサービスが「コトバのチカラ」の仕組み

2つのコトバを3次元的に直角方向からぶつけることで、1つ1つの文字だけにとどまらない面白い形を合成し、立体出力してくれるサービスが「コトバのチカラ」https://www.makuake.com/project/kotobanokatachi/より

それがのマクアケより、クラウドファンディングサイトからはじめようとしている楽しそうなプロジェクト。名前もそのまま「コトバのチカラ」です。

 

 目標金額は5万円

キャッチコピーは、

あなたのコトバから作る驚きの3D形状!3Dプリンター製のオリジナルオーダー小物

編集部員が誤解して最初50万集めるのかとおもいきや5万円でした。スタートしてもうすぐに現在4万に近づく勢いです。達成も75%ほどです。(2016年3月29日の確認時点であと7,000円を切っています。)

2016年4月始めにはもう満額になっているかもしれません。

予約注文するとよりお得にこの楽しいオブジェが入手できます。面白いと思ったら応募してみては?

2つのコトバを3次元的に直角方向からぶつけることで、1つ1つの文字だけにとどまらない面白い形を合成し、立体出力してくれるサービスが「コトバのチカラ」の仕組み

2つのコトバを3次元的に直角方向からぶつけることで、1つ1つの文字だけにとどまらない面白い形を合成し、立体出力してくれるサービスが「コトバのチカラ」https://www.makuake.com/project/kotobanokatachi/より

3Dプリンターを買ってはみたものの難しいためにオリジナルの造型は2次元のように紙とペンを使ったものをデジカメで電子化するように簡単にいきません。

3Dスキャナーを用意するのもなかなか高価です。

色を付けようとこだわり始めると、あれもこれも揃えなければいけないような気がするほどに奥が深いですね。

コトバが立体になる今までありそうでなかった3Dプリンター技術を手頃な価格で楽しそうなサービスです。

お値段も1体で1,000から1,200円ほどと気軽に応援したくなります。

参考リンクなど

「コトバのチカラ」https://www.makuake.com/project/kotobanokatachi/