充電池エネループで見えない場所にもオシャレしたい!そんな女性に支持されるカラフルな限定色パッケージ

色の違った8本パックの充電池エネループの画像

http://panasonic.jp/battery/charge/p-db/BK-3MCC8TN.html より

母の日ギフトにも女性向けのプレゼントとしても

まるで花のようにカラフルな色がそろった楽しいギフトに

8色8本の充電池のエネループ/eneloopの詰め合わせはいかがでしょう?

100円均一で売っている充電池と比較しても基本性能が高く安全性においてもエネループは信頼できる充電池のブランドです。

通常位のホワイト色のエネループとは一味違い使うたびに生活に彩りを添えてくれます。

充電池なのに市販品のアルカリ電池のようにすぐに使えます。

ちゃんと充電してからお使い下さいという面倒なこともなく。フル充電後た後にしばらくすると電池の性能が落ちることのないように工夫した設計です。

一般的にケータイの内蔵バッテリーは300回から500回ほど充電すると弱ってくる傾向がありますが、エネループの充電回数はスタンダードモデル2,100回を誇ります。

虎柄他よりゴージャスさのあるカラーリングのエネループの限定色パッケージの様子

http://panasonic.jp/battery/charge/report/glamorous/ より

母の日に限らず奥様用に、小さな娘さんにも喜んでもらえそうな充電池エネループ/eneloopのカラーバリエーション特集です。

 

 

アイドル応援にも

充電池としてブランド力の高いエネループにはスタンダード、プロフェッショナル、お手軽タイプと3つの種類がある様子

http://panasonic.jp/battery/charge/eneloop/より

単3×8本と単4×8本のセットでのプレゼントなら、わざわざ電池が切れて買いに出かける手間をかけさせません。

それまでの充電池の限界を超えた高性能な充電池の代名詞的なエネループ/eneloop製品。価格も随分と値ごろになっています。

サンヨーが一世風靡した充電池のブランドです。現在、サンヨーはパナソニックに合併されてしまいましたが、エネループという製品名は残されています。

JIS C8708 2013(7.5.1.3)の試験条件に基づく電池寿命の目安によるものです。

  • スタンダードモデルは約2,100回
  • ハイエンドモデルは約500回
  • お手軽モデルなら約5,000回

特にスタンダードモデルですと、自然放電でバッテリーの持ち時間が下がっていく弱点が改善されています。これが10年後でも残容量を約70%キープすると言われ充電池と言えばエネループが良いと支持されているようです。

スタンダードモデルを買っておけば、よく乾電池を長期間放置しておいたら使えなくなっていたというリスクが低く抑えられます。

複数の電化製品に使い回すよりも専門に使うことが大切な画像での説明

http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/p/1844,1848,1849/a_id/18130より 複数の電化製品に使い回すよりも専門に使うことが大切ですね。色分けしておくとわかりやすくて長く使えそうです。

パナソニックのWebサイトでも使い回した電池の使い方は寿命を早まらせるとあり、油性ペンでマークしておいて、それぞれの電化製品に担当を分けるのが良いとされます。

色の違った8本パックの充電池エネループの画像

http://panasonic.jp/battery/charge/p-db/BK-3MCC8TN.html より

「彩る」クレヨンをモチーフにしたeneloop トーンズ 単3形 8本パック BK-3MCC/8TN

容量1900mAhの単3形ニッケル水素電池で、使う製品ごとに色を決めておけば使い回して1本の電池に無理がかかって、周りの電池の性能まで劣化させるというような心配がありません。

8本入で底値は2,000円ほどです。

 画像にマウスを合わせると拡大されます パナソニック eneloop トーンズ 単3形充電池 8本パック 10周年限定モデル BK-3MCC/8TN パナソニック(Panasonic)の色の8色の乾電池をタテに並べた画像

Amazon内
画像にマウスを合わせると拡大されます
パナソニック eneloop トーンズ 単3形充電池 8本パック 10周年限定モデル BK-3MCC/8TN
パナソニック(Panasonic)製品画像より

本特集当時では、Amazonでは2,050円のプライスを見つけています。

今後充電池チャージャーも複数のカラーバリエーションも増えていくことが期待されます。

充電池のカラーバリエーションが増えれば、選択できる幅が増えて自分らしい生活の彩りが

より豊かになりそうです。電池を使う何気ないことからも生活に潤いが生まれてくるはずです

参考リンクなど

アウトドア用品やモバイル機器とコーディネートして使える「カモフラージュデザイン」のエネループセット

http://panasonic.jp/battery/charge/p-db/K-KJ21MCC40F.htmlよりこれは男の子にも嬉しいカラーリングです。

こだわりのカラーのエネループ/eneloop充電器とチャージャーのセットモデルがあります!

電池と充電器のセットモデルとしては、渋めなカラーバリエーションです。

電池を使う度に野生がたぎるような表情豊かなカラーに仕上がっています。ラジコンなどで動かすシーンやアウトドアで注目を集めそうですね。

ニッケル水素・ニカド充電池専用充電器【TGX08】がちょうど8本フルに充電できます。

8本フルに充電できるニッケル水素・ニカド充電池専用充電器【TGX08】eneloop対応

このニッケル水素・ニカド充電池専用充電器【TGX08】ただし、充電池が弱ってきた後の充電池チャージャーがカラフルなのがなかなか無い中Amazonで2,500円ほどに価格で人気のようです。

1本1本それぞれの充電状況がわかるために重宝します。

TGXシリーズには8本のTGX08や12本の連続充電ができるTGX12もあります。

 

エボルタもエネループも両方対応するチャージャーとカラフルなエネループとのセットパッケージに期待したい

エネループではなく、エボルタ充電池ならチャージャー込みでカラフルな充電池と充電器のセットがあるのですが

エボルタ充電池のカラフルな4本セット充電池チャージャーとのセットパッケージ

http://panasonic.jp/battery/charge/p-db/K-KJQ08M40K.html
エボルタ充電池のカラフルな4本セット充電池チャージャーとのセットパッケージ

エネループはエボルタ用でなく専用充電池チャージャーを合わせて使うのが望ましい

これまでの紹介したエネループ規格ではなく、パナソニックの独自ブランドエボルタ充電池のための充電器が付属します。

カラフルなエボルタ充電池にセットでパッケージされる充電器BQCC-08は電池のクイック診断機能を盛り込んでいる様子

http://panasonic.jp/battery/charge/p-db/BQ-CC08.htmlより カラフルなエボルタ充電池にセットでパッケージされるBQCC-08は電池のクイック診断機能を盛り込んでいる

充電池チャージャー急速充電器(BQ-CC08)は充電池がまだ使える状態か寿命になってこれ以上使えるかどうかすぐに分かる仕組みになっていて

寿命したのにやっぱり使えずがっかりすることのない機能があります。これは業界初の機能でした。

エボルタ充電池は1度に使える乾電池の容量が大きいが充電回数はエネループを下回る様子

http://panasonic.jp/battery/charge/evolta/より

電気容量の大きさではエボルタ充電池が上です。

数値上で比較するとエボルタ充電池はエネループに比べるとmin.50mAh上回る性能があります。その分長時間使えます。

しかし、繰り返し利用する寿命ではパナソニック独自規格のエボルタ充電池では割高感が残ります。

エネループとエボルタでスタンダードモデルの電池寿命を単純比較すると、エネループが300回多く使える計算になるのです。