ココロボ(RX-V200)会話ができる掃除機ロボット。シャープが約13万円で12月5日発売。

シャープの自動掃除機
シャープといえばプラズマクラスターの空気清浄機で有名です。掃除機と相性は抜群ですね。そして家庭用自動掃除機としてスマートフォン対応だったRX-V100をさらに進化させたのがココロボ RX-V200(12月5日発売)です。お値段は13万円前後だそうです。

日本の住居を意識して直径30cmにまとめた13万円もする多機能掃除ロボットですが、かいつまんで紹介していきましょう。

カメラ機能のついた掃除機というアイデアはじつは週刊少年ジャンプの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のマンガに登場しています。ただ、それが実際に具現化されると技術の進歩とはすごいものだと思わされます。会話ができるロボット家電として売られるこのココロボの強さは外出時でさえも家電の操作が可能となっているところです。
外出時、寒い部屋をあらかじめ温めておくためにエアコンの電源を入れることができます。

COCOROBOremote

このココロボまずはWi-Fiルーターと接続します。そして、今日の天気は?と質問するとネットから情報を取り込み返事を音声で返します。

ユニークなのが、日本語(標準語・関西弁)・英語・中国語を切り替える設計がなされていることです。ロボットに親しみを持ってもらおうとする工夫の一つですね。

もちろんテレビ(AQUOS)とも連携します。

メッセージを屋外からテレビへ

テレビの画面に家族から「もうすぐ帰るよ」等のメッセージを出すことさえできるのです。

充電しては掃除をし、さらにまた充電を繰り返すバッテリーの標準寿命は気になりますね。ニッケル水素電池がよく使われる場合が多いのに対し、RX-V200はリン酸鉄系リチウムイオン電池を採用したようです。これで1日1回約100分運転するとした場合はおよそ3年間使えるそうです。(充放電回数約1,100回分)

本体サイズは、304×99mm(直径×高さ)、重量は2.7kgです。

参考サイト)