Windows10のアップグレードが自動で始まった時でも割りと簡単?!承認を拒否するだけで元々のWindowsへ戻ります

image

Windows10への無料アップグレード後を控えて、強引なマイクロソフトが勧誘に慌てず騒がず

アップグレード画面が始まってもまだ元に戻せるまで

編集部のパソコンがWindows10にするつもりもないのにアップグレードが始まったのを例にします。

元々のWindowsに戻すかについてWindows7を例に順にご案内するささやかな特集です。

いつも最新Windowsが登場する度に合わせてアプリも合わせて更新されるというチャンスに恵まれるとも限りません

アップデートされたアプリを更新すれば良いと慣れてしまいがちなのは筆者もよく感じることです。使い慣れた環境を優先するのも全然問題ありません。

上の画像のように無料アップグレードをお断りしようとすると、いいんですか?のようにWindows画面では後で後悔しても知りませんよ風のアナウンスが流れます。(*1)

Windows10へのアップグレードをした方がなんとなく時代の波に乗るような風潮があります。

実はそうでもなかったのです。

前回のMZ-RH1ならMDからPCにデータの転送が可能な唯一のモデル?!MDプレイヤーが未だに購入できる事情。

の特集のようにWindows7では動いてもWindows10では動作保証外のアプリしか用意できないケースもよくあります。

例えば古いバージョンのOfficeソフトもWindows10にすると今までのように動作してくれないこともあります。互換モードで動かすという技をしても

やっぱり新しいバージョンのOffice等も買わないといけないようなケースにもなりえます。(それに似たフリーのソフトは大概Windows10で間に合うことも多々あります。)

Windows10へ誘導される画面後戻りができないように見える様子

こちらは歓迎したつもりもなく
Windows10に歓迎されそうになっています。

WindowsUpdateをWindowsが推奨する自動で更新するという設定が有効になるとまるで時限爆弾のように勝手にアップグレードが始まります。

 

勝手にアップグレードが始まっても勝手に電源を切らずにしばらく様子をみることが大切です

ここで慌てて電源を切ったりしてWindowsそのものを壊してしまわないようにまずは様子をみましょう。

Windows10についてアップグレードするかどうか決める際にマイクロソフトと新たな契約を結ぶ場面の様子

ここで初めてWindows10についてアップグレードするかどうか決める際にマイクロソフトと新たな契約を結ぶ段取りになります。

アップグレードの承諾画面で拒否をするだけで、ちょっと時間を待つことだけで元のWindowsに戻ります

この画面が出るまで待ちましょう。次へのボタンを押して行けばこの画面でたどり着くはずです。

戻る、拒否、承諾するの3つの選択肢が用意されています。ここではWindows7のままでアップグレードするつもりはないために拒否するを選びます。

image

拒否したことをご丁寧にWindowsが確認してきます。

Windows10への無料アップグレードを断ることになります。と画面にありますが頼んでもいないのに断ることになります。とはいい度胸です。

本当に拒否しますかと脅されているような気がしますが拒否しても元のWindowsに戻るだけです。

 

Windows10へのアップグレードを避けることができた様子

わざと更新するかどうかはユーザーが選択するという設定の画面

Windows7の場合/わざと更新するかどうかはユーザーが選択するという設定にしておきます。

きちんと元のWindows7の環境が元に戻っています。

WindowsUpdateの設定を以下のように変更したら窓を閉じればいつものWindowsです。

 

コントロールパネルのWindowsUpdateの設定を推奨のままにしない

2016-05-18

重要な更新プログラム1つあるという表示、(ここでいうWindowsアップグレードのプログラムです)

その下の行にある

更新プログラムをダウンロードするが、インストールするかどうかは選択する

のように設定を変更しなおして下さい。

Windows10ではなく、Windows7や8、8.1の現在の使用しているWindowsに重要な更新プログラムがあるのをそのままインストールしないで放置しておくと危険が高まりますのでご注意ください。

定期的にWindowsのアップグレード以外の更新はインストールするように意識すると良いでしょう。

Windows7もあと4年もするとマイクロソフトがサポートを終了すると騒ぎが起きて、新しいWindows10にしなくてはとWindowsXPのような騒ぎが予想されます。

Windows10にすることで動作が軽くなったとか、32ビットのOSだったのに64ビットのWindows10がなぜかインストールできて運が良いとかいいこともあります。

逆にやっぱり使いにくいから元に戻したいと思っている方もいらっしゃることでしょう。

ユーザー一人一人にあったパソコン環境づくりの参考になれば幸いです。

参考リンクなど

2016-05-18

というのもWindowsが推奨しているWindows自身の保守改良はWindows Updateで行います。

Windows側で自動的に更新するという設定に(推奨)という設定が根本的な原因です。

この設定のままでですとユーザーがさもWindows10へアップグレードをすることをお任せしますという解釈になるのです。

Windowsアップグレードのスケジュールがセットされてしまう前には

Windows 10への自動アップグレードスケジュールの通知がさらに凶悪化してWindows Updateと一体化、キャンセル方法はコレ

GIGAZINE2016年05月17日 13時00分00秒に掲載されたような内容などが効果的だと思います。

わざとアップグレードしておいて後で元に戻すことでアップグレードの権利をもらったまま元の環境に戻すためのコントロールパネルの画面

時間にゆとりがある場合はわざとアップグレードしておいて後で元に戻すことでアップグレードの権利をもらったまま元の環境が続けられる

(*1)一度Windows10にアップグレードを済ませておいて、再びWindows7や8に戻す方法があります。

30日以内に行えますので、時間にゆとりあがるならアップグレードする権利だけもらっておくことを推奨します。

せっかく無料なんだしもらえるものはもらっておこうという寸法です。

Windows10のコントロールパネルからシステムとセキュリティよりWindows7へ戻す(Windows8や8.1へ)というアイコンをクリックすれば、しばらく時間を置いて元のWindowsに戻ります。

戻った上にさらにアップグレードを経由しないでWindows10そのものだけをクリーンインストールすることもプロダクトキーの心配をすることなく可能になりますので、時間がある方は参考にしてみてください。