TVの映像のみ消してスピーカーからBGMとして♪省エネにも役に立つ?!メーカー別に画面をオフにする方法をまとめてみた。


TH-32D300で音楽CDをかける時に表示される画面

TH-32D300で音楽CDをかける時に表示される画面
http://panasonic.jp/p-db/contents/manualdl/1428251451752.pdfより

TVのスピーカーだけ利用して音を出すメリット

好きな音楽やチャンネルを選ぶ際には映像はもちろん必要です。コンテンツを決めた後は聞き流してTVのスピーカーから聴くことに集中したい。

その時はTVの画面はオフにしたいという特集です。

リビングのTVからパソコンに貯めたCDやYoutubeなど音だけを聞く時に、いっそTVの映像を消す機能を使うと、聴くことに集中できます。

TVからの映像があると何か束縛されているような気分から解放されて別の作業をする時のBGMとして重宝します。

うれしいオマケがあります。ブルーライトが悪いとわかっていてもつい深夜にTVを見てしまうならいっそのこと画面を消せばいいのです。

ブルーライトで目に刺激を避ける工夫にもなるはずです。

ついでに映像オフにする前にTV側のタイマー機能を合わせて設定しておきましょう。

眠りに入っているのに、かけっぱなしの音楽で目が覚めること心配がありません。

ビエラ/パナソニックでは、リモコンから節電視聴の緑色のボタンを押し続けることで映像をオフにできる。

ビエラ/パナソニックでは、リモコンから節電視聴の緑色のボタンを押し続けることで映像をオフにできる。http://panasonic.jp/blog/viera/2016/01/1601-post1.html

コンポにスピーカーにケーブルにさよならしてよりミニマルなスタイルへ

HDMIケーブルを利用し、リビングPCとして液晶TVをパソコンのモニターに使えば場所が広くなります。

ミニマルな生活というのが話題です。最後にノートパソコン1台あれば良いというようなスタイルは魅力があります。

何よりものに振り回されない生活は居心地がよく、探す無駄な時間もわずかです。

(旧来ならば映像と音声のケーブルは別々だったのが1本にまとまるHDMIケーブルはとても便利!)

 

LC32H30の映像オフの操作画面の様子

http://cs.sharp.co.jp/select/downloadInfoよりLC32H30の映像オフの操作画面の様子

 映像のみ消す方法:ソニー、パナソニック、三菱、シャープを例に

シャープ/AQUOSの場合

新しく発売されているAQUOSでは、ホームボタンから安心・省エネの設定から

選択できます。

編集部員が知っているAQUOSのモデルの中ではメニューボタンから映像オフにしているものもあります。

リモコンからメニューに入り映像を選びましょう。そこで下側のプルタブンメニューから映像を消すを押して、

映像を消す決定をするために選択画面の左側で決定をするだけです。

 

ソニーのブラビアのリモコンのホームボタンの場所の例

http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-W730C/feature_6.htmlより リモコンのホームボタンの場所

 

設定画面でブラビアから映像を消す手順

http://www.sony.jp/support/tv/i-manual/48w730c/jpn/c_eco_backlight.html より

SONY/ブラビアで画面だけを消す方法

KJ-32W730Cを例にしてみました。

ホームボタン→設定→電源→省エネ設定→消費電力を選ぶと映像の明るさを絞ることができます。

ではなく、リモコンの視聴中の(ホーム)メニューボタンから消画を選択するとOKです。

 

ビエラ/パナソニックでは、リモコンから節電視聴の緑色のボタンを押し続けることで映像をオフにできる。

ビエラ/パナソニックでは、リモコンから節電視聴の緑色のボタンを押し続けることで映像をオフにできる。http://panasonic.jp/blog/viera/2016/01/1601-post1.html

パナソニックのVIERA/ビエラで画面だけを消す方法

YouTubeもラジオもCDも!TVとレコーダーをオーディオみたいに使ってみよう

投稿日:2016年1月 8日より

パナソニックのビエラでは、上記の緑色の節電視聴ボタン3回押すだけで音声のみになります。

節電を意識して販売しているビエラは分かりやすいですね。

ただし、上記のリンク内容は2016年1月以降の発売の中で4K対応のモデルより対応開始のようです。

廉価版のビエラでリモコンを見て、上のリモコンとの違いを確認してみてください。

店舗やネットで調べてみて映像が消せるかどうか確認してみるとよいと思います。

旧型のVIERAにそのようなリモコンはついているとは限りません。

価格.comで人気機種のH-32D300でそのようなリモコンはついていませんでした。画面サイズや価格帯によってまちまちのようですね。

 

三菱/REALも映像を消す機能があります。

三菱/REALも映像を消す機能があります。

三菱REALで映像だけを消す方法。リモコンからできる様子

https://dl.mitsubishielectric.co.jp/dl/ldg/wink/ssl/wink_doc/m_contents/wink/D_MENT_DOC/bhr8_tsukaikata_ib.pdfより

三菱REALの場合で画面だけを消す方法

液晶TV LCD-A32BHR85を例にしてみました。

リモコンから映像だけを消す方法です。メニューボタン→テレビ操作→消画

と選んでいくだけです。取説PDFは、リモコンの操作画面ごと取説に載せているので非常に親切な印象です。

 

まとめ

本来なら映像を楽しむのがメインのはずのTVに、映像オフにこだわり音声だけを聴くために大型液晶テレビを購入するという使い方って珍しいかもしれません。

ごく限られたユーザーだけかもしれません。パソコンをメディアプレイヤーのように使い、HDMI端子を通してTVの音声を楽しむ使い方はこれからかもしれません。

アンプにスピーカーを揃えてケーブルで足を引っ掛けるわずらわしさから一步前進できます。電源タップが少なくて済みます。

さらにテレビそのものの消費電力を抑えるという意味でも少しお得感も生まれます。

今あるTVやこれから買おうとしているTV選びの参考になれば幸いです。

 

HDDレコーダーにありがちな音楽CDの再生画面の様子です。

HDDレコーダーにありがちな音楽CDの再生画面の様子です。編集部に架空の画面です。

音楽をTVから聞きたいけれどブルーのお知らせの画面は果たして必要ですか?

実際にTVと接続して上のような画面がでてしまうと何か白けるのは編集部員だけなのでしょうか?(今時はもう少しオシャレなデザインがついています。)

ならばブルーレイレコーダーからDVDなどを再生する途中で、上記のような画面はできれば消して音楽だけに集中して楽しめた方が良い気がします。

 

なぜか東芝レグザでは映像をオフする機能を採用していません。

残念ながら編集部で調べた限り東芝のレグザシリーズで映像をオフにして音だけを出す設定はとうとう見つけることができませんでした。

ちなみにLGの液晶TVにおいて、WebOSの液晶TVでも映像オフができます。

海外製品ながら

映像オフを選択すると、3秒後に画像が消えます。

とのことです。

元々のTVのスピーカーに期待せずに、別に高音質のスピーカーを使うためにスピーカーのないモニターを買う人もおられるでしょう。

あんまりモノに縛られるのが嫌だなぁといういう人でTVの音でも苦にならないユーザーもいます。

東芝のレグザでもそんなユーザーのために一肌脱いでもらえたらと勝手ながら編集部の一部は期待しています。

参考リンクなど

価格.comの液晶TVの人気機種のうち32型を中心に絞ってみました。

取説の詳細確認用にそれぞれメーカーのPDFファイルへのリンクを見て機種選びの参考になればと思います。

こぼれ話

モノを減らしていく生活を目指すのも今のトレンドだと思います。

理想の聞き方は人によって様々です。そんな中でTVがオーディオのスピーカーとして手軽に使いたいという声を受けて特集した次第です。

パソコン用のスピーカーとしては、次のような製品を足しても良いし、TVのスピーカーを活かすのもユーザーのライフスタイル次第ですね。

GX-D90(Y/B)ONKYOが12年のロングセラーPC用スピーカーを発売し続ける。コンパクトさに加えてウーハー端子もアリ!シンプルな設計と高品質の部品で長く愛され続けるスピーカー。