AirMoreアプリはケーブル不要でiPhoneとパソコンとのファイルを相互にやり取り♪iTunesに慣れない方には試してみる価値あり?!(Apowersoft編)

AirMoreというA Powersoftによるアプリ。Wi-FiによりパソコンからiPhoneへデータ転送が手軽にできるアプリです。

AirMoreというA Powersoftによるアプリ。Wi-FiによりパソコンからiPhoneへデータ転送が手軽にできるアプリです。

iPhoneの音楽をWin10パソコンに転送する方法があり、iTunesを必要としないアプリを探していたところです。

ライトニングのケーブルを普段から持ち運ぶ人でもたまに忘れてパソコンにすぐに移したい時、このアプリは役に立ちそうだと思いました。

上の図を見て解るようにApowersoftの開発したものです。iOS 8.0以上のiPhoneが必要になります。

ところが、iTunesではカバーできなくなった古い機種のiPhoneがになり、それをAirMoreというアプリで補おうとするユーザーも見かけます。

アプリを入れて使う際にはカメラへのアクセスを許可しないといけないように設計されています。

アプリを入れて使う際にはカメラへのアクセスを許可しないといけないように設計されています。

使う際は両方許可を出してあげましょう。

 

iTunes不要というキャッチコピーのアプリを多く見かけるように

iTunesは優れたメディア管理としてアプリは進化し続けています。

より楽しい音楽や映像体験のためにiTunesのバージョンアップをひっきりなしに行っているイメージが編集部内のごく1部にあります。

バージョンアップの頻度と今までまるで違う操作方法への変わりように落ち着いて利用できない感想を持っている部員が言うんです。

落ち着いて音楽を楽しみたいと思いつつiTunesを開いてみたら更新しますか?新しくしませんか?とかなり何度も尋ねられたとか。

承諾してiTunesの更新をかけたら数分以上の時間を取られて音楽を楽しむ気分がしらけてしまうと。(自動更新は便利なんだか不便なんだか?)

 

http://web.airmore.com/の様子です。 iPhoneやAndroidとつなぐためにQRコードで認証します。

http://web.airmore.com/の様子です。
iPhoneやAndroidとつなぐためにQRコードで認証します。

AppStoreよりAirMoreアプリを入れ開きます。アプリを起動し、パソコン側はhttp://web.airmore.com/をブラウザで開きます。

iPhoneはブラウザで開かれたQRコードを撮影して、パソコンに対してデータのアクセスを許可するだけで使えます。

会議のmp3データをiPhoneへ転送としている様子です。

AirMore内にMy Musicフォルダが作成されています。AirMoreアプリ側からiPhone内のカメラの画像や動画のデータ内容を一覧できます。

Microsoftアプリもパソコンにいつでも転送したり、パソコン側から転送を受けるように機能をつけてあるようです。

 

そこでこのAirMoreってどうでしょうと特集とレビューしてみることにしました。

iPhone5 iOS9で実験してみました。

カスタマーレビューには、iPhone5 iOS9で実験してみました。

曲が120以上入れられるように。ミュージックに入っている曲が再生もできず表示されるように待っている声があります。

AirMore内での音楽フォルダと元々のiOSで使う音楽フォルダが一致していない様子です。

AirMore内での音楽フォルダと元々のiOSで使う音楽フォルダが一致していない様子です。

一番上の写真のない文字化けした音声ファイル他AirMoreアプリ内で再生はできます。

本来のiPhone内で使うMy MusicアプリではAirMore経由でダウンロードした音楽は見つかりません。

T-Airやスマレコと同じようなじれったさが出てきます。

筆者も使っていてどうして曲数は多いのに再生できる曲がパソコンから1つ転送した会議録音しかないのには弱りました。

AirMoreのバージョンは1.4.2で最新のはずです。

2500ほど音楽データがあるんですが、パソコンでリンクしている時に再生できるのは1つだけという表示

2500以上音楽データがあるんですが、パソコンでリンクしている時に再生できるのは1つだけという表示

よく見るとダウンロードと削除/Deleteのボタンがグレー色で無効になっていますね。パソコンへ戻すアプリは別の機会に特集します。

解説のYouTube動画ではiPhone内の音楽ファイルをきちんと認識しパソコン側へ転送できるように見えます。

上の解説のYouTube動画ではiPhone内の音楽ファイルをきちんと認識しパソコン側へ転送できるように見えます。

編集部での検証で、試した2000曲以上の音楽データのあるiPhoneを使いました。

http://web.airmore.com/上のWebアプリ上では残念ながらタイトル名や曲の長さなど認識してもらえません。

  • パソコンから音楽データをもらうことはできても、パソコン側へ転送することはできませんでした。
  • iPhoneのキャプチャーをそのままパソコンで加工できるところはとても重宝します。
  • ケーブルを使わないでWi-Fiですぐに送信できるのが魅力です。
  • 重たい動画ファイルをやり取りするには時間がかかるためにケーブルで挿した方が速いという場合はあるかもしれません。
AirMoreでパソコンとiPhoneが接続された様子。

AirMoreでパソコンとiPhoneが接続された様子。

左端の丸いボタンを押すと、その種類のファイルがずらりとならび、パソコンへ送ることができるはずでした。

My Musicについては例外としても、写真や動画の管理をiPhoneの指先で確かめるよりもパソコンとつないで大きく見えるのは快適です。

ムダに容量を使わないためにも不要なファイルを次々と整理するにはとても便利なアプリです。

iTunesをインストールしていないパソコンでもそのような作業ができるのは嬉しいですね。

参考リンクなど

使っているパソコンの初期化をするとiPhone内の音楽データも初期化されるiTunesのリスク

Windowsパソコンを買い換えをして、古いパソコンに入れられたiTunesの中身を新しいパソコンへ引っ越しする時の操作方法がわかりにくい

前回、特集した同期をかけると便利という裏返しでもあります。

Android版でUSB接続する際の危険性のUSBデバッグのリスク特集しました。

そのスマホマネージャーでは人気のあるAPoewersoftに注目を集めたアプリの紹介から大分時間が経過しました。1年3ヶ月も後に続く特集です。

無料ダウンロードといって試してみると、価格は後になって見つかります。ショップの右端上のタブを見ると5,000円近くするんです。

無料アプリと誤解しかねない無料ダウンロードという言い方はひっかかります。

スマホマネージャーは3日間制限版で使えることという意味では無料なんです。ちょっと感覚的なズレを感じます。

AirMoreでは音楽データだけはしこりがのこりました。

 

完全無料なのか?という検証の次の対象としてApowersoft無料オンラインiPhone/iPad/iPod転送ソフトちょっと期待したくなります。

APOWERSOFT LIMITED UNIT 04, 7/F BRIGHT WAY TOWER NO 33 MONG KOK RD. Hong Kongに本社があるAPowerSoft

APOWERSOFT LIMITED
UNIT 04, 7/F BRIGHT WAY TOWER NO 33 MONG KOK RD.
Hong KongがAPowerSoftの本社所在地ですね。http://www.apowersoft.jp/about-usより

ApowerSoftについてWebサイトの直訳調のイメージが惜しい

企業であれば、電話番号や住所を載せてあるはずなんです。

AirMoreチームは携帯装置とパソコンとの間でファイルを便利に転送する方法をユーザに提供することに取り組んでいます。

アプリの開発組織が全く不明なので、これだと見ていると架空の会社で作られたアプリと誤解されそうな余地を感じます。

実際に開発しているのはApowersoft社で、英語言語向けに本社所在地をはっきりと香港で開発しています。はっきりと公言した方がいいかもしれません。

Apowersoftの創業者の2人のイラスト

http://www.apowersoft.jp/about-usより
Apowersoftの創業者の2人のイラスト

Apowersoftは2010年に当初AaronとHarryの夢から創設されたとあります。

2人から起業した会社は現在香港を拠点に15万以上のユーザーを得るほどに成長をつづけています。http://www.apowersoft.jp/about-us