USB Type Cアダプタ Micro USB(メス) to Type-Cアダプタ(tronsmart社)1000円未満で Amazonのアクセサリーでランキング1位へ人気殺到!?


USB Type-Cを搭載しているパソコンやiPhone7に使えるように従来のmicroUSB端子を変換するコネクタの画像。Amazonで1位に。

http://www.tronsmart.com/productsから発売されている製品がAmazonで1位を記録している様子

USB(TypeC)コネクターが急速に普及

iPhone7にも採用されるなど、コンパクトコンピューティングの製品の中でmicroUSB端子だんだんと影が薄くなるのは時間の問題です。

そのような中で国内の製品ではなく、海外輸入業者がAmazonへ発送依頼をかけて2つで800円を着る価格で販売し、Amazonでベストランキング1位になっています。

星4.4平均を出し、150件ほどのレビューがつくなか星5は100近いのですから、iPhone7を買うついでに買っておきたいアクセサリーとして魅力があります。

 

いつも使うAndroidスマホやBluetoothヘッドフォンとも電子タバコの端子とも別物のmicroUSB3.0端子です。

Wikipedia内ユニバーサル・シリアル・バスの項目内よりmicroUSB3.0端子の様子
いつも使うAndroidスマホやBluetoothヘッドフォンとも電子タバコの端子とも別物です。

microUSBの3.0端子は2.0とは別物だったとは…

microUSBのケーブルでUSB3.0対応のケーブルはあります。そもそも2.0端子の形状と互換性はありません。

USB(TypeC)コネクターの様子

Universal Serial Bus Type-C Cable and Connector Specification
Revision 1.2 March 25, 2016 技術図解より

今回のUSB(TypeC)コネクターのサイズがmicroUSBコネクタと似ているおかげで、変換コネクタも用意されたのは歓迎したいと思います。

小さなUSBの端子で一番普及していると思われるmicroUSB端子の画像

小さなUSBの端子で一番普及していると思われるmicroUSB端子の画像/Wikipedia内ユニバーサル・シリアル・バスの項目内より

やがて新しいUSB3.0端子の普及するのに合わせ変換コネクタに頼らずに使えるほどアクセサリーパーツが充実するようになるはずです。

いつになるかはわかりませんが100均ショップでも買えるようにもなるでしょうね。

転送速度は3.0にならないまま

上の図がポータブルハードディスクで高速転送を実現するUSB3.0のmicroUSB端子です。3.0端子に変換コネクタが用意されるならGbpsクラスの転送速度になるとばかり勘違いしていました。

最大5~10Gbpsの転送速度を実現するUSB3.0のmicroUSB端子も2.0と上位互換しているとばかり勘違いしていたのです。

これでUSB2.0の最大転送速度480Mbpsにとどまることがわかります。(*1)

バックアップや同期の際に大きなサイズのデータの移動では3.0純正のケーブルで転送した方がストレスがかかりません。

2つ入りなので、家庭用と移動用など単品で購入するよりも、なくしたスペアとしても嬉しいですね。

USB Type-Cケーブル給電規格の技術仕様を満たしているそうです。

充電: 従来のモバイルバッテリーやUSB急速充電器から、新しいMacBookやChromeBook PixelなどのUSB-C機器対応へ充電のためなら過渡期のために従来のmicroUSBケーブルの使いまわしとしては実用レベルを満たしてくれることに期待できそうです。

 

メーカーサイトよりmicroUSBからTypeCへの変換コネクタの様子

http://www.tronsmart.com/products/tronsmart-ctmfj-metallic-type-c-male-to-micro-b-female-2.0-adapterより メーカーサイトより

メーカーのtronsmart社に

公式サイトついては、http://www.tronsmart.com/をどうぞ。

所在地 中国深セン市

  • A3 Building HeKan Industrial Area WuHe Bantian Street LongGang District Shenzhen, China.
  • Phone numbers
    +86-755-23603740
  • Business Development Cooperation
    marketing@tronsmart.com

(例えば国内メーカーのパーツの一部がここで作られたり、スマートフォンのZTE社、Huawei社がこの都市抜きに語れない地域でもあります。)

現地でのパッケージの様子です。

現地でのパッケージの様子です。メーカーサイトより

Apple認証変換アダプタ 2014-01-22

Appleが未認証のLightning変換コネクタ

編集部員の2人に1人は買っていたLightning変換コネクターはかつて非正規品で500円未満で売られたものでした。

ちゃんと使えればApple社の認証なしでもなんとかなるやと思いきや、最近これは正規品ではありませんとの表示も出るまでへたってきました。

今後はApple製品もAndroid製品もWindows製品も共通でUSB(TypeC)コネクターを使いまわすことになるはずです。

iPhoneだからAppleから認証されたUSB(TypeC)コネクターというような独占販売が難しくなるでしょう。

ただし、粗悪なケーブルが断線したり、発火するおそれもあります。あまりに安い製品には十分利用には慎重にいきたいですね。

なので今回Amazonでベストランキングになっているコネクタの製品情報にもプラグ内に56kΩの抵抗精度があるとアピールし安全面で明記したはずです。

 

今度のUSB端子は表と裏がなくなる。サイズがiPhoneのLightningケーブルに近づき便利さ向上

88ちゃんねるでも、2013年12月6日の時点でUSB(TypeC)コネクターの登場を特集して以来、Lightning端子に追いつく規格として注目を続けています。

新MacBook噂のUSB Type-C端子のみで話題!外付け変換アダプタは必須?!

今までの商品で目立っていたのが普及している標準サイズへの変換コネクタやケーブル、4個ぐらいつなげるUSBハブです。

TypeAのために使いまわしも効きます。同じサイズのTypeCの青いコネクターであればTypeC専用の端子どうしでも表と裏が分かれているような端子でした。

しかし、今後コンパクトにまとまったUSB(TypeC)コネクターが普及から後戻りできません。

iPhone7にも採用された入れる方向でイラつくこともなく転送速度、充電にかける時間がとてもスピーディーになります。

USB TypeC 3.1端子についての対応製品はこれまでの製品との互換性をしばらく保ちつつ、やがて1本化していくことが十分見えてきます。

参考リンクなど

(*1)

編集部はようやくPocket WiFiなどのモバイルルーターを直接microUSB端子で接続する際にUSB2.0規格を採用し、3.0の高速転送を採用しないのかという理由に触れたような気がしました。

スッキリしたmicroUSB端子とWiMAXなどのポケットルーターが3.0端子を採用することで付属品を用意するのに高く付きます。さらに付属ケーブルを別の製品から一時的に借りようにも使えないことも不便でしょうね。

 

tronsmart社フェイスブックページ

https://www.facebook.com/TronsmartFans/

特定商取引法に基づく表記を見ると国際番号+86より中国からの販売でしょう。さらに深セン市(しんせんし)- Wikipediaであることも分かります。

  • 販売業者: Shenzhen Value in Action Technology Co., Ltd.
  • お問い合わせ先電話番号: +86 13715384419
  • 住所:
    • Room 3104, Building 2, Guocheng Garden, Baihua No.
    • Shenzhen
    • Guangdong
    • 518000
    • CN
  • 運営責任者名: Timothy
  • 店舗名: in4dealz

どうしても国産でないと満足いかないも限りません。

海外からの販売である以上は、故障や不良品が仮に合った場合はAmazon内との返品交換対応を予め見越しておくのも買う際に大切な情報だと編集部は考えました。

深セン市はいわば中国のシリコンバレーのような印象を編集部は持っています。

以下のAmazon内の変換コネクタの製品紹介文を読むと買い手に対する親切な態度が伝わってくるかのようです。

【安心サポート】日本国内の24ケ月の安心保証が付き、万が一、問題がございましたらご連絡を頂けると迅速に対応致します。お客様にご満足頂けるよう精一杯頑張ります。

やっぱり類似品や模造品だったとがっかりするレベルを払拭してもらいたいところです。