スマホで外からペットの様子を見るネットワークカメラ。AmazonでCS-QR20が第1位?!価格.comの金賞受賞のPLANEX製品をレビュー


ベビーモニター部門でAmazon第1位に輝くスマカメナイトビジョンのイメージ。

ベビーモニター部門でAmazon第1位に輝くスマカメナイトビジョンのイメージ。
https://www.planex.co.jp/products/cs-qr20/より

ネットワークカメラがここまで安い

画像のようにベビーモニターの売れ筋ランキングでは、PLANEX/プラネックスのモデル名がCS-QR20が第1位に輝きます。(2016年10月6日正午の時点において)

(モデル型番にQRコードの設定で楽に使えるという商品コンセプトが見えます)

前回、インターネットから冷蔵庫の中を外から見たいと前回特集したばかりです。

ドア内が暗いから冷蔵庫内はカメラ撮影は難しいのです。それでも防犯カメラとして見張る赤外線カメラが搭載されていると夜間でも活躍できますね。

防犯以外に、ペットの様子や小さなお子さんの様子などネットワーク対応カメラについて特集してみましょう。

編集部内部においてCS-QR20が一番売れている感じです。Amazonで8,453円で、価格.comでは第3位の人気です。

防犯・監視カメラ部門においてはAmazonで特集を出した翌日もベストセラー第1位です。(2016年10月7日午前10時において)

 

スマカメ ラインナップ

スマカメにもいろいろなバリエーションがあります。今回のメインは価格.comの2015年金賞を受賞したCS-QR20スマカメナイトビジョンです。

ちなみにPLANEXからは、スマカメという愛称でCS+QR2桁の数字のモデル型番とCS+QR3桁の数字のモデルがあります。

夜でもカラーの映像が見られるCS-QR220とかCS-QR300のような高性能モデルもあります。

プラネックスは無線LANアダプターやBluetooth製品でも支持の厚い企業です。クラウド対応ネットワークカメラを展開しています。

 

初心者がネットワークカメラを初めて使うときにでもわかりやすい設定方法です。

初心者がネットワークカメラを初めて使うときにでもわかりやすい設定方法です。
同CS-QR20製品サイトより

まず、スマカメナイトビジョンをルーターと通信可能にします。

  1. 1の設定はワイヤレスでパソコンからプリンターを使いたい際に、ルーターとプリンターを接続するのと似ています。
  2. 2.アプリでスマカメをスマホにインストールしますね。これはプリンターの専用ソフトをパソコンにインストールしたりするのと似ています。
  3. 3.QRコードの読み込みは、求める情報を紙に出すという段階と思えば特に難しいことはありません。印刷対象のファイルのロックを解除する感じ。

スマカメとルーター接続

adminとか0123などでルーターを放置している方はネットワーク製品を控えめにした方がよろしいかと。

通常ですと契約しているIPアドレスが変化するタイプが多いはずです。

外から家庭用ルーターの中の有効なIPアドレスを探し、目当ての画像を送信してもらうためにサーバーが必要です。

ところが、スマカメナイトビジョン CS-QR20では、必ずしも全くIPアドレスが唯一のものと固定されている必要がありません。

それを

マンションISP(Internet Service Provider)等をご利用の場合でも、
別途グローバルIPアドレスのオプションを申し込む必要がありません。

興味の沸いた方は動的IPアドレス・固定IPアドレスの用語解説を参考にしてみてください。

上の説明がしっくりこない方は、ざっくりいきましょう。

せっかく買ったのに利用中のインターネット回線に対し、スマカメナイトビジョンとの相性をなるべく合わせるように設計されている。

それくらいの理解でいいと思います。

ポケットWi-FiでもOK

 ファイバーやADSLなどによるブロードバンド回線がない環境でも
市販されているモバイルルーターとスマカメナイトビジョンを接続してご利用いただけます。
モバイルルーターにグローバルIPアドレスオプションなどの追加契約は必要ありません。

光ファイバーを引かずにWiMAXを代用しているようなケースで嬉しい仕様です。

これは前回との東芝のスマート冷蔵庫で特集の追加オプションのセットでは考えられないシンプルさです。

冷蔵庫をハッキングされて電源をオフになどされたら中の食品は大ダメージを受けます。

 

カメラからルーターを通して台湾のサーバーに送り、認証された端末にのみ画像を送ります。サーバー設備の様子

カメラからルーターを通して台湾のサーバーに送り、認証された端末にのみ画像を送ります。スマカメ製品サイトより

暗号化セキュリティー

WEP(64bit/128bit)
WPA(2)-PSK(WPA personal)(TKIP/AES)

その点、カメラは画像データや音声データを橋渡し役さえ務めるだけで良いので仕組みとしてはよりシンプルですね。

ただし、ハッキングされてしまえばカメラの情報はそのまま引っこ抜くことができます。

あるいは、SDカードに貯めた情報を全部消去してしまう余地も残ります。

だからこそ、サーバーが止まったりするとせっかく今すぐみたい時に困ったことになるのです。

 

大手の携帯電話会社ですら、一時利用ができなくなる通信障害があるのです。

安全性への配慮はもちろん最優先です。常にこうしたサーバーにはメンテナンスが必要です。

システムの更新の途中で一時的に障害が起きてしまうのもこのようなネットワーク製品にはつきものですね。

2016/04/01 スマカメ接続障害のお知らせ【復旧】というPLANEXからの告知もあります。

きちんと説明しているのは好感がもてます。

夜間は赤外線カメラで撮影ができます。

夜間は赤外線カメラで撮影ができます。https://www.planex.co.jp/products/cs-qr20/より

CS-QR20は夜間撮影対応

画像のように夜間の撮影ではこの価格帯では白黒画像での確認になります。

スマカメナイトビジョンの前のモデル。CS-QR10 は価格.comで金賞を受賞しています。

スマカメナイトビジョンの前のモデル。CS-QR10 は価格.comで金賞を受賞しています。
https://www.planex.co.jp/products/cs-qr10/より

2014年の価格.com金賞を受賞した。前のモデルCS-QR10 にはナイトビジョンはついていません。

夜間の撮影にこだわらない場合にはこちらのほうがAmazonで6,640円と安くなります。

 

CLIP-STANDというモデル型番が名前のままの別売り980円のクリップスタンドです。

CLIP-STANDというモデル型番が名前のままの別売り980円のクリップスタンドです。
https://www.planex.co.jp/products/clip-stand/より 

980円でお手頃のクリップスタンド

据え置きのように使うだけですと、安定した場所以外撮影ができません。

そこで、別売りの980円のCLIP-STANDで固定することで高いところからの撮影も可能になりますね。

ちょうど良い角度を調整する時に、このクリップスタンドがあると撮影シーンが格段に広がりカメラの性能を高く発揮させられるでしょう。

ホームセンターで自作してうまくいかない場合もありますのでメーカー推奨のオプション品が無難だと思います。

ライバル品は安くて夜間が撮影できるという

そして、ライバルモデルとしてパソコンパーツで知名度の高い商社KEIANから発売されているC7823WIPがコスパで人気を二分しているようです。

今回は、PLANEXのCS-QR20とその前に発売されたQR10 を中心に特集してみました。

  • 天井裏のネズミの監視などは夜間撮影に使えるかもしれません。
  • 防犯カメラで夜間対応で離れたお店の様子を24時間体制で見守ることも夜間対応の赤外線撮影により心強い味方になると思います。
  • ペットがエサやお水を飲んでいるか心配だというときにも、どんな寝顔をしているんだろうという時にも100万画素のカメラでも割りと大丈夫なのか?
  • 子どもがベビーベッドですやすやと眠っているかを電気をつけないで見てみたい。

などなどネットワークカメラの利用へのお手伝いができれば幸いです。

KEIANのコスパの高さでライバル製品となる最安値5761円のC7823WIPとの比較レビューも編集部は取材を始めているところです。ボツにされないように頑張りたいです!?

参考リンクなど

ルーターがまず肝心

adminとか0123などでルーターパスワードを買ったままで放置している方はネットワーク製品を控えめにした方がよろしいかと。

動作保証対象外

au miraie KYL23
docomo らくらくスマートフォン(F-12D)/ らくらくスマートフォン2(F-08E)/ らくらくスマートフォン3(F-06F)/ スマートフォン for ジュニア SH-05E /
スマートフォン for ジュニア2 SH-03F
softbank シンプルスマホ(204SH)/ HTC Desire X06HT / HTC Desire X06HTII

CS-QR20主な仕様

  • 映像素子 : 1/4 インチ CMOSセンサ 100万画素
  • インターフェース : WPS、RESETボタン、
  • microSD/microSDHCカードスロット)(2、4、8、16、32GBまでFAT32形式)
  • 解像度 : HD 720p(1280×720)、VGA(640×480)、QVGA(320×240)
  • 無線対応規格 : IEEE 802.11 b、g、n
  • 有線LAN:10/100Mbps(オートネゴシエーション)
  • 音声 : 入力対応(本体内蔵マイク)
  • 外形寸法 : 約77(幅)×102(高さ)×49(奥行き)mm
  • 重量 : 約210g(スタンド取り付け時、ACアダプタ含まず)
  • 同梱物 : CS-QR20(本製品)、ACアダプタ(ケーブル長1.4m)、スタンド、印刷物一式(マニュアル、保証書等)

 

会社役員本人の顔でトップページへ戻るアイコン画像右下端へ表示される画面

PLANEXの会社概要のページより、ベンチャー企業らしい遊びココロが和ませてくれます。

メーカーサイトにはベンチャーっぽい自由な空気も

PLANEXは外資系かと思っていた筆者です。全く存じておりませんでした。恥ずかしい次第です。

正式名称がプラネックスコミュニケーションズ株式会社です。

PLANEX社は、DigitalReserch、Novellを経て1995年に当社設立、2015年7月に創業20年だそうです。(←PLANEXメーカーのサイトリンク)

右下端へ革ジャンにサングラスとちょい悪オヤジのような人がTopへ戻るアイコンの人物に編集部の1人が吹きそうになりました。

会社役員ご自身がアイコンになってページの誘導をされる様子です。拡大しました。

会社役員ご自身がアイコンになってページの誘導をされる様子です。(拡大しました。)

そのプラネックス製品の企画、戦略立案にマシンガントークで参画すると自称するのが竹村 譲氏です。