住民票をコンビニで発行できる時代到来。役所の5時に間に合わない方へサービス拡大中!

コンビニで住民票などが発行できるように

プライバシーの点で騒がれた問題になった住基カードですが、活用の程はいかがでしょうか?コンビニでの住民票の写しなどの発行を希望する場合は役所への事前登録を予め済ませて置きましょう。手続きなしに急にコンビニへ駆け込んで発行しようと慌ててはいけません。

予め住基カードを作っておいて、パスワードの設定が必要です。まず住基カードがどこに保管されているか前もって調べないと出てこないなんてこともありがちです。

また、住基カードを持ち歩いて万が一そのカードがしまってあるおさいふを無くすなんてこると手間が倍増となります。それなら、最初から役所に発行してもらえばよかったなんて後悔のないようにしたいですね。

コピーサービス種類

住民の人ばかりでなく、住民以外の企業団体の方へのまとめサイトはこちらにあります。

市町村によって対応の様子が違います。まだ全国統一という様子でもないようです。各地のコンビニが展開規模を拡大し、サービスの拡充している最中でしょう。

セブンイレブンが業界初のサービスになりました。『住民票の写し』『印鑑登録証明書』『戸籍証明書』『戸籍附票の写し』『税の証明書』これらがコンビニエンスストアで発行できるというはなかなか便利になったものです。11月27日現在、ローソンやサークルKサンクスでも取り扱いがあるようです。ファミリーマートは今年の12月より追いかけていく予定です。

セブンイレブンのマルチコピー機

午前6時半~午後11時(12/29~1/3を除く)市区町村により一部異なります。

LAWSONのコピー機サービス

行政サービスの交付の受け取りができる時間は6:30〜23:00(戸籍証明書を除く)となっています。※年末年始を除きます。各自治体で異なる点が予想されます。事前にご確認ください。

サークルKサンクスのコピー機サービス

2013年5月より順次開始されました。6:30~23:00。年末年始お休みの情報が確認できませんでした。詳細について今のところ不明です。サービス内容、サービス提供時間、交付手数料は、自治体により異なります。詳細は各自治体に確認ください。

ファミリーマート行政サービス【12月19日(木)6:30よりサービス開始】

年末年始(12月29日から1月3日まで)とメンテナンス時(不定期)を除く、6:30~23:00。ただし、市区町村によって異なります。詳細は各自治体にご確認ください。

せっかく便利なシステムが設置されても、コンビニ内にカード他、置き忘れなどしようものならプライバシー的にまずいことが予想されます。ご利用は落ち着いて大切にお持ち帰りのほどを。