これがEDID絡みということ?Windows10で解像度の設定を最低にしたら急にサインアウト!推奨解像度の表示すら消えるトラブル


最低解像度の800x600にします。

最低解像度にします。

Windows10の解像度を下げたらいきなりサインアウトした

全くこういったトラブルを予想できませんでした。時間が余って困りますという方、お試しになってみてください。

たぶんトラブルの再現は保証できないかと。

(編集部内の古いパソコンのグラフィック性能が主原因でEDIDのトラブルと直接つながっていなかったとしてもそこは笑って許してください…。)

大画面液晶テレビとパソコンをつないで面倒が起きるわけだ

EDIDという存在が身近に感じたトラブル

Extended Display Identification Dataを略してEDIDと呼ぶそうです。

バイアグラとは無関係ありません。

パソコンのディスプレイから映像端子を通し映像ケーブルからパソコンとのやりとりをするために関わる識別信号のデータかと。

SSIDという用語を特集したことがありました。これはWi-Fiで接続する際につかうための識別信号になります。

(大雑把な理解でしたね。お許しのほど!)

どうして液晶テレビとパソコン専用モニターを足して割ったような良い製品はないものかと担当が悩んでおりました。

ちょっと気分転換に設定をいじって遊ぼうとしたんですね。

ためしに最低の解像度にしたら突然画面がサインアウトします。

よくXP時代でおなじみのSafeモードのようになりました。なぜサインアウトするのか担当は少し戸惑いました。

軽い気持ちでまた最高解像度に直せばよいだけと思うと設定画面には推奨解像度の文字が見えません。

解像度をいじっているうちに、逆に細かすぎて読みづらい解像度になって自滅した様子

解像度をいじっているうちに、逆に細かすぎて読みづらい解像度になって自滅しました。

最高解像度の設定がむしろ使いづらい

変な薄れた文字になり、細かすぎる解像度で小さくて担当は困ります。

これは、液晶テレビにパソコンをつないでムリな高解像度にした時と重なりました。

おかしいとおもい、ディスプレイアダプターの様子を確認します。

パソコン本体が解像度をいじっているうちにモニターの情報など不明になっている画面表示

Windows10が推奨している解像度を無視していたら、画面が乱れたのはこのせいですか?

利用不可の表示がずらり並びます。

  • チップの種類
  • DACの種類
  • アダプターの文字列
  • BIOS情報

アダプターがMicrosoftの標準なのも気になります。Windows10が勝手に本来モニタ専用のドライバーを無視したような不安に包まれました。

無事、Windows10が本来のモニターの設定を取り戻した様子です。

無事、Windows10が本来のモニターの設定を取り戻した様子です。

<利用不可>という表示が一気に消えました。今回は再起動するだけで元通りです。

人騒がせなもんです。

大画面テレビにHDMIケーブルをつなぐだけに終わらない悩み

担当は解像度が1366×768の液晶パネル搭載の32型のテレビに対して、1280×720が推奨だとWindows10が求めてもいないのに表示をする今日このごろです。

非常にやめて欲しいと思います。

しかし、テレビにはドットバイドットという設定やPCモードなど様々な設定項目があります。

さらにフルHDの液晶パネルで1920×1080の解像度の持つテレビも32型未満でも増えているようです。ヘビーなゲーマーでキビキビ感を求める場合はさておき。

十分パソコンの細かい作業もテレビでもできると思った矢先のことでした。

これらでEDIDなどでパソコンとのズレや相性問題などが起きると今回のトラブル以上酷い目にあう覚悟を固めた次第です。

参考リンクなど

”ビデオカードに通知する方式である。DDCと略記される。 最終期のVGA端子や、DVIコネクタ、HDMIコネクタで利用できる。 電気的には、データ信号、クロック信号、接地の3本の線を使ってシリアルで通信する。 送信されるデータ形式は、EDID(Extended Display Identification Data)として規定されている。”

  • 以下のブログページが大変わかりやすく今回の内容の助けになりました。お礼申し上げます。

PC環境を4K対応にしました その3 ~ テレビをPCで使ってみて ~ (http://www.chromefree.jp/内 l2014/11/15 のエントリーなどの連載特集)