PCスピーカー Z120BWがAmazonベストセラー第1位、ロジクールではアウトレット品に販売終了後新製品は?


Amazonでベストセラー1位のPCスピーカーはメーカー直販では半額の見切り価格状態にロジクールのZ120BWの様子

Amazonでベストセラー1位のPCスピーカーはメーカー直販では半額の見切り価格状態に

(画像はロジクールのアウトレットストア、Amazon内の商品ページよりリンクは記事内にあります。)

AmazonではZ120BWが税込で1,466円となっています。(送料がかからないプライム会員価格にて) 

限りなくおもちゃのようなみかけとお値段と作りなのです。それを吹き飛ばすかのようにしぶとく?人気が続くPCスピーカーです。

もっともこの値段で2年のメーカー保証がついています。

もっとも製品情報ページからロジクールはPCスピーカーのページよりZ120BWを外しているようです。

このZ120BWは、2011年よりロジクールが発売したスピーカーなので、むしろロングヒット商品としてお化けスピーカーだったともいえます。

PCモニターで音質が良くなくて当然のようです

モニターからのHDMIでいい音が出ないにせよ格安でそこそこ良い音を

Z120BWは純粋なUSBスピーカーとしてパソコン内部からのデジタル信号をもらって音にするスピーカーではありません。

USBバスパワー駆動のヘッドフォン端子から音を取るスピーカーです。

下の取説画像では予め巻かれた状態の片側スピーカーコード(80cm)を自分の希望の位置のために巻き取って調整する様子がイラストになっています。

正面から見て右側のスピーカーから音量を調節します。

Z120BWの接続方法の図解画像

接続方法の様子
http://www.logitech.com/assets/42351/3/z120-quick-start-guide.pdfより

これがパソコン内部のノイズごとUSB端子に混ざり、無音のはずがサーっというような気持ちの悪い音が出てしまうともいいます。

これは、スマートフォンなどの家庭用のコンセントからUSBの充電端子用のコネクターから直接取ると改善されるそうです。

 

 

ロジクールの直販サイトのロジクールオンラインストアより確認されたもので半額商品で、1人3個まで。。

ロジクールの直販サイトのロジクールオンラインストアより確認されたもの。

LogitechのZ120BWは生産完了完売に?

ロジクールらしいのはそれでも2年の保証を付けますと公言している点でしょう。

(サイトに製造番号などでユーザー登録する必要があるようです。)

1m以内で細かい字などとニラメッコしながら作業するPCモニターと大画面テレビは本来1台2役するとムリが出ます。

ただ、リビングの大型テレビでPS3を友達や恋人と一緒に遊びたいという場合はHDMI端子がとても重宝します。

せっかく映像と音声を同時に転送できるHDMI端子です。

今回のPCスピーカーZ120BWはこの端子とは全く違います。単なるヘッドフォン端子です。

製品名 (日本語) ロジクール ステレオ スピーカー Z120
型番 Z120BW
JANコード 4943765035916
価格 オープンプライス
ロジクールオンラインストア価格 1,480円(税込)
発売日 2011年6月24日
保証期間 2年間
スピーカータイプ
(2.0/2.1/5.1/2.0chバータイプ)
2.0ch
ブラック&ホワイト
サテライトユニット サテライトサイズ
(幅x奥行x高さ)  (mm)
88 x 90 x 110
サテライト重量 (g) 248(片チャンネル)
ドライバーサイズ(mm) 50mm
インピーダンス (Ω) 12
防磁設計 対応
ケーブル長 (cm) 電源ケーブル 120(USBケーブル)
オーディオ入力ケーブル 120
スピーカー間ケーブル 80
インターフェース 入力 3.5mmステレオミニプラグ
コントロール 電源オン・オフ/音量調節
総合最大出力 (PEAK) 2.0W
総合RMS出力 (定格出力) 1.2W(0.6W + 0.6W)
周波数特性 140Hz – 18kHz
電源 (内蔵電源/外部電源/USB/電池) USB
システム要件 Windows®、Mac、iPod、MP3*
全スピーカーシステム重量
(ケーブル等含む) (g)
520

ロジクール、コンセントを使用しないアクティブスピーカー2機種(Z120BW、Z110BW)を発売

電源はパソコンのUSBポートを使用 2011年6月13日 株式会社ロジクールのプレスリリースより作成

高解像度に対応するパソコンモニターはテレビに劣る音質

エントリーモデルではなく、もう少し上のモデルだったり、プロの業務用のPCモニターにUSBハブがついている場合があります。

パソコンからモニターをつなげるついでにUSB経由で高音質なスピーカーをつなげるとしましょう。

ほぼどのモニターでも残念な音だというPCモニターの悩みからはひとまず問題解決です。

PCモニターでもHDMI端子のメリットを活かしたスピーカーにクオリティを上げてもらえたらと願うユーザーも数少なくないはずです。

しかし、モニターの本来の映像の性能の向上はすごいスピードで向上していきます。

贅沢な願いかもしれません。

音に対してもう少しクオリティの上がったPCモニターを発表してもらいたいのです。

かつてのONKYOスピーカー内蔵モニターのような製品があっただけに。(それでもしょぼい音という人もいたようですが…。)

 

こちらはUSBから信号を取るPCスピーカー。

こちらはUSBから信号を取るPCスピーカー。

2016年にオーディオビジュアルアワードVGPで2015年より連続受賞しています。

2010年に発売され、価格.comでもPCスピーカー部門でプロダクトアワードの銅賞を受賞をしています。

 似たようなフォルムでも価格はAmazonで6,000円程

USBバスパワー駆動で音声も直結するPCスピーカー

olasonic社のola_tw7_8

https://www.olasonic.jp/usbspeaker/tws7w.htmlより

チープで、片側のスピーカーが聞こえなくなるというような心配がロジクール製品にはあるようなレビューが見つかりました。

似たようなスピーカーですが、比較してみる価値はあると思います。

参考リンクなど

ロジクール「Z120BW」~Amazon.co.jpでベストセラーの小型ステレオスピーカー(PC Watch内2015/4/9 06:00のページ)

リビングテレビの音質はPCモニターのスピーカーよりも聞きやすいもの

前回、HDMI端子が2つあるPCモニターを活かしPS3やブルーレイレコーダーをつなげる特集をしたばかりです。

前回の特集のようにリビングのテレビにHDMI端子で広げる提案に新鮮味が薄れたと述べました。

むしろ逆にパソコンでの作業のついでにPS3などのゲームもできると中心はパソコンがメインです。

HDMI端子で音声を出すならリビングテレビ、でも映像でムリもある

例えば32型の東芝レグザで1366 x 678ピクセルの液晶パネルの上に1920 x 1080のフルHDの解像度の映像を出そうとしても無理が生じます。

表示できないわけでもありません。文字1つがにじむようで、ハッキリとした輪郭は出せずに見づらい思いをします。

これが50インチクラスの大型液晶テレビですと、液晶パネルはフルハイビジョン対応だとか4K対応というように液晶パネルの解像度も細かくなります。

それでも、一般的なリビングテレビでパソコンの細かい部分をいじる際に光沢液晶であれば照明器具などが映り込みます。

1m以上は画面と目を離しソファにでも座りながらゆったり鑑賞するテレビなので離れて使うものでしょう。